ここからサイトの主なメニューです

教員免許更新制

教員免許更新制の実施に際して、教職に就かれていない方々へ

 平成21年3月31日までに教員免許状(普通免許状又は特別免許状)を授与されたが(授与される予定であるが)、平成21年4月以降に幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校に教員として勤務する予定のない方へ

問1.現在、教員免許状を持っていますが教職には就いていません。平成21年4月から教員免許更新制が実施された場合、教員免許状はどのようになるのでしょうか。

答1.
 既に教員免許状を持っている方(平成21年3月31日までに教員免許状を授与された方)で教職に就かれていない場合には、平成21年4月に教員免許更新制が実施された以後も、免許状更新講習を受講・修了しなくても免許状は失効しません。

問2.現在、教員免許状を持っていますが教職には就いていません。教職に就いている方のように今後10年ごとに30時間以上の免許状更新講習を受講しないといけないのでしょうか。

答2.
 平成21年4月以降、小学校等に教員として勤務する方は、10年ごとに30時間以上の免許状更新講習を受講し、修了することが必要となりますが、教職に就いていない方の場合は受講する必要はありません。
 ただし、教職に就かれる際には、各自の生年月日に応じて定められている「修了確認期限」を経過している場合は、30時間以上の免許状更新講習を受講して、各住所地の都道府県教育委員会に申請することが必要となります。

問3.現在、各都道府県教育委員会が行う教員採用試験では、教員免許取得(見込み)が受験資格になっていますが、平成21年4月以降も受験することができるのでしょうか。

答3.
 文部科学省では、教員採用を行う各都道府県・指定都市教育委員会、国立大学法人、学校法人等に対して、教員免許状を持っている方で上記の「修了確認期限」を経過している場合でも、そのことのみをもって採用試験の受験を認めないこととすることのないよう要請しています。

問4.平成21年4月以降も、塾の講師など、教員免許状の保有を条件にしている職に就けるのでしょうか。

答4.
 「修了確認期限」を経過している場合でも、履歴書等に過去に教員免許状を授与されたことを記載することは可能です。
(「修了確認期限」以後の記載例:平成2年3月 小学校教諭一種免許状授与(更新講習未受講))

(初等中等教育局教職員課教員免許企画室)

-- 登録:平成21年以前 --