ここからサイトの主なメニューです

環境教育

現在、温暖化や自然破壊など地球環境の悪化が深刻化し、環境問題への対応が人類の生存と繁栄にとって緊急かつ重要な課題となっています。豊かな自然環境を守り、私たちの子孫に引き継いでいくためには、エネルギーの効率的な利用など環境への負荷が少なく持続可能な社会を構築することが大切です。そのためには、国民が様々な機会を通じて環境問題について学習し、自主的・積極的に環境保全活動に取り組んでいくことが重要であり、特に、21世紀を担う子どもたちへの環境教育は極めて重要な意義を有しています。

環境のための地球学習及び観測プログラム(GLOBE)

GLOBE (Global Learning and Observations to Benefit the Environment)は、全世界の幼児・児童・生徒、教師及び科学者が相互に協力しながら、全世界の個々人の環境に関する意識の啓発、地球に関する科学的理解の増進、理数教育においてより高い水準へ到達するための手助けとなることを目的として環境観測や情報交換をおこなう、学校を基礎とした国際的な環境教育のプログラムです。
GLOBEは、1994年のアースデイ(4月22日)にアメリカのゴア副大統領によって提唱され、米国商務省海洋大気庁(NOAA)や米国航空宇宙局(NASA)が中心となってアメリカに事務局がつくられ、具体的な活動が始められています。 参加国は現在112ヶ国(2013年3月現在)あります。
GLOBEは環境教育のほか、国際的な相互理解や相互協力といった点からも意義があるため、日本としてもできる限り協力していくこととし、1995年8月30日に参加するための交換公文を締結しました。

環境教育リーダー研修基礎講座

本研修は、「持続可能な開発のための教育(ESD)」や「持続可能な開発目標(SDGs)」との関連を踏まえつつ、次世代の環境教育(持続可能な社会の担い手を育成する「主体的・対話的で深い学び」)の実践力を養うことを目的とするものです。

1.研修の対象

主として教員(環境教育のみならず、人権教育、消費者教育、国際理解教育、キャリア教育、防災教育、森林教育、海洋教育等、学校現場で「持続可能な社会の担い手育成」のための取組を積極的に実践する方を歓迎します。)

2.研修の内容

環境教育は、発達段階に応じて、学校のみならず、家庭、職場、地域といったあらゆる場で実践されるものです。本年度は、以下2つのコースを設けました。


<1>ESD・環境教育カリキュラム・デザイン・コース

  目的:ESD、SDGs、新学習指導要領など最新のトピックとの関連を踏まえて環境教育を捉え直し、持続可能な社会の担い手育成のため、学校現場で子ども達の「生きる力」を育むカリキュラムをデザインするための実践的なノウハウを学びます。

  対象:主として教員(環境教育のみならず、人権教育、消費者教育、国際理解教育、キャリア教育、防災教育、森林教育、海洋教育等、学校現場で「持続可能な社会の担い手育成」のための取組を積極的に実践する方を歓迎します。)


<2>ESD・環境教育プログラム・デザイン・コース

  目的:持続可能な社会の構築に向け、大人や子どもの主体的な交流や学習を促す「場づくり」のための理論的な基礎や実践のノウハウを学びます。

  対象:地域の自然や施設等を活用して、環境教育・学習を実践する学校・企業・行政・社会教育施設・NPO職員の方(「子どもの体験活動を充実させたい。」「学びの場に地方創成等の要素を盛り込ませたい。」「話すのは苦手だけど、地域の学びの場に貢献したい。」という方を歓迎します。)

3.会場と日程および定員

滋賀会場

日時:平成29年8月5日(土曜日)

<1>ESD・環境教育カリキュラム・デザイン・コース 10時00分~17時00分

<2>ESD・環境教育プログラム・デザイン・コース 12時30分~17時00分

会場:ピアザ淡海(滋賀県大津市におの浜1-1-20)

宮城会場

日時:平成29年9月9日(土曜日)

<1>ESD・環境教育カリキュラム・デザイン・コース 10時00分~17時00分

<2>ESD・環境教育プログラム・デザイン・コース 12時30分~17時00分

会場:宮城教育大学(宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉149)

東京会場

日時:平成29年11月18日(土曜日)

<1>ESD・環境教育カリキュラム・デザイン・コース 10時00分~17時00分

<2>ESD・環境教育プログラム・デザイン・コース 12時30分~17時00分

会場:東京都23区内(予定)※追ってホームページでお知らせいたします。

【定員】各コース、最大50名。

※申込期限は研修会開催日の1週間前まで。定員に達し次第、募集を締め切ります。

※受講目的が研修の趣旨に合わないと判断した場合は、研修への参加をお断りする場合があります。予めご了承ください。

○お申込み方法:研修事務局のホームページにある「お申込みフォーム」に必要事項をご記入のうえ、送信してください。

全国環境学習フェア

持続可能な社会の構築のために、地球規模の環境問題や身近な都市・生活型公害などの環境問題の解決に向けた循環型社会の実現を目指し、幅広く環境教育・環境学習の普及・充実を図るため、文部科学省が実施する環境教育に関する各種施策の説明、教育委員会等における環境教育に関する取組の紹介といった場を設け、これまでの各種活動の成果発表等を開催し、学校や社会における環境教育の一層の改善・充実に資するものです。 

平成24年度 第14回全国環境学習フェア

日時:平成25年2月13日(水曜日)
会場:国立オリンピック青少年センター国際交流棟国際会議室

詳細は開催要項をご覧下さい。

お問合せ先

初等中等教育局教育課程課

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成24年12月 --