ここからサイトの主なメニューです

日本人若手英語教員米国派遣事業

  本事業は平成25年度をもって終了しました。

  本事業は、2010年11月に横浜で開催されたAPEC(アジア太平洋経済協力)首脳会議の機会に行われた菅総理(当時)とオバマ大統領による日米首脳会談後に発出された「日米同盟深化のための日米交流強化」の主要事業の一つである。日米同盟の深化・発展のための国民の幅広い層における相互理解の促進を主な目的としている。

 若手英語教員を米国に派遣し、英語教育の教授法を学ぶとともに、米国での人的交流やホームステイを通じて米国の理解を深め、英語教員の英語指導力、英語によるコミュニケーション能力の充実を図る。これは、中長期的な視点に立てば、日米同盟の深化・発展のための国民の幅広い層における相互理解の促進にも資するものである。

お問合せ先

初等中等教育局教職員課

-- 登録:平成25年12月 --