ここからサイトの主なメニューです

1PISA調査(読解力)の結果から明らかになった課題

3 教育課程実施状況調査との関連性

 今回の調査結果の分析及び2000年の公開問題の内容検討から、読解のプロセスとしては「解釈」「熟考・評価」、出題形式としては「自由記述形式」に課題があり、具体的には次のような問題に課題がみられた。

  テキストの表現の仕方に着目する問題
  テキストを評価しながら読むことを必要とする問題
  テキストに基づいて自分の考えや理由を述べる問題
  テキストから読み取ったことを再構成する問題
  科学的な文章を読んだり、図やグラフをみて答える問題

 ただ、このような傾向は、必ずしも今回初めて明らかになったものではない。
 国立教育政策研究所が実施した平成13年度小中学校教育課程実施状況調査の「国語」でも、小学校において「相手や目的などに応じ、自分の考えを明確にして書く力が十分身に付いていない。」こと、中学校において「根拠を明確にしながら、自分の考え方を述べる力や説明的な文章において展開や構成を正確にとらえる力が十分身に付いていない。」ことが既に指摘されている。
 平成14年度高等学校教育課程実施状況調査の「国語1」の結果からも、文章の要旨をとらえたり登場人物の心情や主題を読み取ったりするなど、文章に書かれている内容をおおまかに把握する力はほぼ身に付いていると考えられる一方、どのような表現を用い、どのような構成や展開で文章が書かれているのかなどという、筆者の考えの進め方や表現意図をとらえる力、文章の主題を踏まえて自分の考えを深めたりまとめたりする力は十分身に付いているとは言えないという傾向が明らかになっている。
 また、記述問題の解答をクロス集計した結果から、問題の難易にかかわらず、いずれの記述式の問題でも解答していない生徒が一割程度存在することも分かっている。
 そこで、以下に、平成13年度小中学校教育課程実施状況調査の「国語」の中学校第2学年の結果を示す。この学年の結果を示すのは、今回のPISA調査を受験した生徒が中学校第2学年であったときに、平成13年度小中学校教育課程実施状況調査が実施されたことによる。

ア 記述問題についての状況

(ア) 設定通過率を上回る又は同程度と考えられるもので、通過率が60パーセント以上のもの
・放送を聞いたり、文章を読んだりしてそれに対する自分の感想を書く問題

(教育課程実施状況調査の問題)

A1
松本さんのニューススピーチを聞いてあなたはどのような感想をもちましたか。授業で発表しているつもりで百三十字前後にまとめ、話すように書きなさい。
B3
文章中の「1,000円からお預あずかりします」について、あなたはどのように感じましたか。初めにあなたの感じ方を書き、次にその理由を書きなさい。
C1
このインタビューを聞いて、あなたはどのような感想をもちましたか。写真家が風景と向き合う上で大切なことと考えている三つの事柄のうち少なくともどれか一つにふれながら、あなたの感想を、丁寧な言葉遣いで百字程度で話すようにまとめなさい。
C3
AとBの文章を読んで、その内容についてあなたが考えたことや感じたことを書きなさい。

(関連する2000年の問題)
※なし

・テキストの読解を前提とせず、自分の経験や感想のみを述べる問題

A3
あなたは知りたいことについての情報を、どのような方法で入手しますか。
二種類以上の方法を書きなさい。

B2一・二
(例)のように、まず、あなたが書きたいと思う題材を一つ以上あげなさい。また、題材についての事実や感想・意見を書きなさい。
右の「一」で取り上げた題材の一つを用いて、文章の書き出しの部分を原稿用紙に書きなさい。

(関連する2000年の問題)
※なし

・与えられた条件に該当する叙述を抜き出す問題

B1
この文章では、「父のことば」(会話文)を通して父の心情やその場の様子の変化が表現されています。次の1から3の父の心情やその場の様子を表している「父のことば」を文章中から抜き出して書きなさい。

(関連する2000年の問題)
※チャド湖 問2同程度、ランニングシューズ 問3同程度
アマンダと公爵夫人 問2上回る、問3上回る
人事部 問2上回る、新しいルール 問2同程度
OECD平均に対して
三角上回る
四角同程度
逆三角下回る

問題冊子・番号 通過率 設定通過率 無答率
A1 74.8 65 14.1
B3 74.0 70 13.9
C1 62.3 50 17.3
C3 72.9 60 17.3
A3 81.7 80 11.9
B2一・二 71.2 70 16.7
B1 68.9 65 11.0
(単位 パーセント)

(イ)  設定通過率と同程度と考えられるものではあるが、通過率が60パーセント以下のもの
・文章の内容を理解した上で自分の考えを書く問題


A3
この文章を読んで、あなた自身の情報探索能力を高めるために、これからの生活でどのようなことを心がけようと思いますか。心がけようと思うことと、なぜそれを心がけようと思うのか、その理由を書きなさい。

B3
右の文中の線部「ほう」はなぜ使われているのでしょうか。その理由と考えられることを、本文の内容を踏まえて、分かりやすく説明しなさい。

(関連する2000年の問題)
※贈り物 問3同程度

問題冊子・番号 通過率 設定通過率 無答率
A3 54.8 55 28.4
B3 54.9 55 25.9
(単位 パーセント)

(ウ) 設定通過率を下回ると考えられるもの
・本文中から理由を読み取って書く問題


A2
文章中に、調子づいてわたしは、そのおしよせる海の先端のあたりを走ってみました。とありますが、この場面を読むと「わたし」が「調子づいた」理由は二つ考えられます。その一つは、浦さんに「平気だよ。人間のほうがこいつらよりよっぽど速いから大丈夫だよ」と言われて安心したことです。もう一つの理由を、文章中の言葉を用いて、「―から。」に続くように答えなさい。

(関連する2000年の問題)
※贈り物 問1同程度

・本文中の表現を根拠として説明する問題

B1
この文章では、台風に備え、台風に立ち向かう「父」は、どのような人物として描かれていますか。文章中からそのことが分かる表現を抜き出して、説明しなさい。

(関連する2000年の問題)
※インフルエンザ 問4上回る

・本文の内容を踏まえて自分の見方や考えをまとめる問題

B3
日本語のよさやすばらしさについて、あなたが、感じたり気づいたりしたことを、具体的な例を一つあげて書きなさい。

(関連する2000年の問題)
※インフルエンザ 問2同程度、落書き 問2下回る、問3同程度、問4上回る、贈り物 問5下回る

・グラフを見て読み取った内容や、それについての自分の感想を書く問題

C2一・二
このグラフから分かることを、例にならって、グラフに示されている数値を使いながら、主語と述語を適切に対応させて書きなさい。
右の「一」で書いたことについて、あなた自身の感想を書きなさい。

(関連する2000年の問題)
※チャド湖 問3上回る、プランインターナショナル 問2同程度

問題冊子・番号 通過率 設定通過率 無答率
A2 55.2 65 14.2
B1 17.3 50 51.1
B3 26.8 50 37.1
C2 59.6 70 16.2
C2 52.4 65 21.5
(単位 パーセント)

イ 文章の構成に着目する問題についての状況

(ア) 設定通過率を下回ると考えられるもの
・説明的な文章の段落構成を問う問題(選択式)


A3
この文章は、「情報探索能力の高さとは」、「どうしたら情報探索能力を身につけられるか」、「十分ではない情報利用教育」という三つの小見出しをつけて分けられます。このうち「どうしたら情報探索能力を身につけられるか」について書かれているのはどの段落からどの段落までですか。

(関連する2000年の問題)
※贈り物 問7同程度

問題冊子・番号 通過率 設定通過率 無答率
A3 48.2 60 2.9
(単位 パーセント)

 教育課程実施状況調査で設定通過率を上回っていると考えられる問題では、関連する2000年の公開されたPISA調査問題もOECD平均を上回っているが、課題があると考えられた「本文中から理由を読み取って書く問題」や「本文の内容を踏まえて自分の見方や考えをまとめる問題」などでは、関連する2000年の公開されたPISA調査問題でもOECD平均と同程度であるものや下回っているものがあるなど、両調査の結果には明らかな共通点がある。


ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ