ここからサイトの主なメニューです

学校評価及び情報提供の実施状況(平成18年度間調査結果)

 学校評価及び情報提供の現状と課題を把握し、その改善充実に資するため、文部科学省では、「学校評価及び情報提供の実施状況」について、平成14年から毎年調査を行っております。
 今般、平成18年度間の状況に関する調査結果をとりまとめましたので、公表いたします。

1.調査内容

1)調査対象
  全ての都道府県・市区町村教育委員会及び全ての国公私立学校(大学、高等専門学校を除く)

2)調査基準日
  平成18年度間の実績値

3)調査方法
  地方公共団体、国立大学法人等の担当課が回答するアンケート

2.調査結果の主な概要

1)全国の公立学校(大学、高等専門学校を除く。以下同じ。)における「自己評価」の実施率は、98.0パーセントでした。
  また、全国の公立学校における「自己評価結果」の報告書の提出率は、42.5パーセント、「自己評価結果」の公表率は、45.2パーセントでした。

2)「学校関係者評価」は、49.1パーセントの公立学校で行われていることがわかりました。

3)学校に関する情報をホームページで公表した公立学校は、全体の69.5パーセントに達し、前年度より大きく伸びています。

お問合せ先

初等中等教育局参事官(学校運営支援担当)付 企画・学校評価係

電話番号:03-5253-4111(代表)(内線3705)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(初等中等教育局参事官(学校運営支援担当)付 企画・学校評価係)

-- 登録:平成25年01月 --