ここからサイトの主なメニューです

不登校への対応について



不登校への対応について


不登校児童生徒数は年々増加し、平成13年度の国公私立の小中学校の不登校児童生徒数が13万9千人と過去最高を更新するなど、憂慮すべき状況にあることから、文部科学省では、平成14年9月に「不登校問題に関する調査研究協力者会議」を設置し、平成15年3月に報告が取りまとめられたところです。

このパンフレットは、その報告の内容についてわかりやすくご紹介しています。

目次

○ 不登校への対応にあたって(5つの視点)(PDF:452KB)
 
○ 不登校の現状に関する認識(PDF:144KB)
 
○ 学校における取組(PDF:807KB)
  1.不登校とならないための魅力ある学校づくり
  2.不登校児童生徒に対するきめ細かく柔軟な対応
 
○ 文部科学省の不登校に関する主な施策(PDF:160KB)
 
○ Q&A(PDF:143KB)
 
 




(初等中等教育局児童生徒課生徒指導室)