ここからサイトの主なメニューです

第2章 各教科 第1節 国語

第1 目標

 国語を適切に表現し正確に理解する能力を育成し、伝え合う力を高めるとともに、思考力や想像力及び言語感覚を養い、国語に対する関心を深め国語を尊重する態度を育てる。

第2 各学年の目標及び内容

第1学年及び第2学年

1 目標

(1)相手に応じ、経験した事などについて、事柄の順序を考えながら話すことや大事な事を落とさないように聞くことができるようにするとともに、話し合おうとする態度を育てる。

(2)経験した事や想像した事などについて、順序が分かるように、語や文の続き方に注意して文や文章を書くことができるようにするとともに、楽しんで表現しようとする態度を育てる。

(3)書かれている事柄の順序や場面の様子などに気付きながら読むことができるようにするとともに、楽しんで読書しようとする態度を育てる。

2 内容

A 話すこと・聞くこと

(1)話すこと・聞くことの能力を育てるため、次の事項について指導する。
 ア 知らせたい事を選び、事柄の順序を考えながら、相手に分かるように話すこと。
 イ 大事な事を落とさないようにしながら、興味をもって聞くこと。
 ウ 身近な事柄について、話題に沿って、話し合うこと。

B 書くこと

(1)書くことの能力を育てるため、次の事項について指導する。
 ア 相手や目的を考えながら、書くこと。
 イ 書こうとする題材に必要な事柄を集めること。
 ウ 自分の考えが明確になるように、簡単な組立てを考えること。
 エ 事柄の順序を考えながら、語と語や文と文との続き方に注意して書くこと。
 オ 文章を読み返す習慣を付けるとともに、間違いなどに注意すること。

C 読むこと

(1)読むことの能力を育てるため、次の事項について指導する。
 ア 易しい読み物に興味をもち、読むこと。
 イ 時間的な順序、事柄の順序などを考えながら内容の大体を読むこと。
 ウ 場面の様子などについて、想像を広げながら読むこと。
 エ 語や文としてのまとまりや内容、響きなどについて考えながら声に出して読むこと。

〔言語事項〕

(1)「A話すこと・聞くこと」、「B書くこと」及び「C読むこと」の指導を通して、次の事項について指導する。
 ア 発音・発声に関する事項
 (ア)姿勢、口形などに注意して、はっきりした発音で話すこと。

 イ 文字に関する事項
 (ア)平仮名及び片仮名を読み、書くこと。また、片仮名で書く語を文や文章の中で使うこと。
 (イ)第1学年においては、別表の学年別漢字配当表(以下「学年別漢字配当表」という。)の第1学年に配当されている漢字を読み、漸次書くようにすること。
 (ウ)第2学年においては、学年別漢字配当表の第2学年までに配当されている漢字を読むこと。また、第1学年に配当されている漢字を書き、文や文章の中で使うとともに、第2学年に配当されている漢字を漸次書くようにすること。

 ウ 表記に関する事項
 (ア)長音、拗音、促音、撥音などの表記ができ、助詞の「は」、「へ」及び「を」を文の中で正しく使うこと。
 (イ)句読点の打ち方や、かぎ(「 」)の使い方を理解して文章の中で使うこと。

 エ 文及び文章の構成に関する事項
 (ア)文の中における主語と述語との関係に注意すること。

 オ 言葉遣いに関する事項
 (ア)丁寧な言葉と普通の言葉との違いに気を付けて話し、また、敬体で書かれた文章に慣れること。

(2)文字に関する事項の指導のうち、書写については、次の事項を指導する。
 ア 書写に関する事項
 (ア)姿勢や用具の持ち方を正しくして丁寧に書くこと。
 (イ)点画の長短、接し方や交わり方などに注意して、筆順に従って文字を正しく書くこと。

3 内容の取扱い

(1)内容の「A話すこと・聞くこと」、「B書くこと」及び「C読むこと」に示す事項の指導は、例えば次のような言語活動を通して指導するものとする。

「A話すこと・聞くこと」
 尋ねたり応答したりすること、自分が体験した事などについて話をすること、友達の話を聞くこと、読んだ本の中で興味をもったところなどを紹介することなど

「B書くこと」
 絵に言葉を入れること、伝えたい事を簡単な手紙などに書くこと、先生や身近な人などに尋ねた事をまとめること、観察した事を文などに表すことなど

「C読むこと」
 昔話や童話などの読み聞かせを聞くこと、絵や写真などを見て想像を膨らませながら読むこと、自分の読みたい本を探して読むことなど

(2)第1学年において2の内容を指導するに当たっては、入門期であることを考慮し、当該学年にふさわしい指導を行うこと。その際、(1)の言語活動のうち、尋ねたり応答したりすること、絵に言葉を入れること、昔話や童話などの読み聞かせを聞くこと、絵や写真などを見て想像を膨らませながら読むことなどを主として取り上げるよう配慮すること。

第3学年及び第4学年

1 目標

(1)相手や目的に応じ、調べた事などについて、筋道を立てて話すことや話の中心に気を付けて聞くことができるようにするとともに、進んで話し合おうとする態度を育てる。

(2)相手や目的に応じ、調べた事などが伝わるように、段落相互の関係などを工夫して文章を書くことができるようにするとともに、適切に表現しようとする態度を育てる。

(3)目的に応じ、内容の中心をとらえたり段落相互の関係を考えたりしながら読むことができるようにするとともに、幅広く読書しようとする態度を育てる。

2 内容

A 話すこと・聞くこと

(1)話すこと・聞くことの能力を育てるため、次の事項について指導する。
 ア 伝えたい事を選び、自分の考えが分かるように筋道を立てて、相手や目的に応じた適切な言葉遣いで話すこと。
 イ 話の中心に気を付けて聞き、自分の感想をまとめること。
 ウ 互いの考えの相違点や共通点を考えながら、進んで話し合うこと。

B 書くこと

(1)書くことの能力を育てるため、次の事項について指導する。
 ア 相手や目的に応じて、適切に書くこと。
 イ 書く必要のある事柄を収集したり選択したりすること。
 ウ 自分の考えが明確になるように、段落相互の関係を考えること。
 エ 書こうとする事の中心を明確にしながら、段落と段落との続き方に注意して書くこと。
 オ 文章のよいところを見付けたり、間違いなどを正したりすること。

C 読むこと

(1)読むことの能力を育てるため、次の事項について指導する。
 ア いろいろな読み物に興味をもち、読むこと。
 イ 目的に応じて、中心となる語や文をとらえて段落相互の関係を考え、文章を正しく読むこと。
 ウ 場面の移り変わりや情景を、叙述を基に想像しながら読むこと。
 エ 読み取った内容について自分の考えをまとめ、一人一人の感じ方について違いのあることに気付くこと。
 オ 目的に応じて内容を大きくまとめたり、必要なところは細かい点に注意したりしながら文章を読むこと。
 カ 書かれている内容の中心や場面の様子がよく分かるように声に出して読むこと。

〔言語事項〕

(1)「A話すこと・聞くこと」、「B書くこと」及び「C読むこと」の指導を通して、次の事項について指導する。
 ア 発音・発声に関する事項
 (ア)その場の状況や目的に応じた適切な音量や速さで話すこと。

 イ 文字に関する事項
 (ア)第3学年及び第4学年の各学年においては、学年別漢字配当表の当該学年までに配当されている漢字を読むこと。また、当該学年の前の学年までに配当されている漢字を書き、文や文章の中で使うとともに、当該学年に配当されている漢字を漸次書くようにすること。
 (イ)漢字のへん、つくりなどの構成についての知識をもつこと。
 (ウ)第4学年においては、日常使われている簡単な単語について、ローマ字で表記されたものを読み、また、ローマ字で書くこと。

 ウ 表記に関する事項
 (ア)送り仮名に注意して書き、また、活用についての意識をもつこと。
 (イ)句読点を適切に打ち、また、段落の始め、会話の部分などの必要な箇所は行を改めて書くこと。

 エ 語句に関する事項
 (ア)表現したり理解したりするために必要な語句を増し、また、語句には性質や役割の上で類別があることを理解すること。
 (イ)表現したり理解したりするために必要な文字や語句について、辞書を利用して調べる方法を理解すること。

 オ 文及び文章の構成に関する事項
 (ア)修飾と被修飾との関係など、文の構成について初歩的な理解をもつこと。
 (イ)文章全体における段落の役割を理解すること。
 (ウ)文と文との意味のつながりを考えながら、指示語や接続語を使うこと。

 カ 言葉遣いに関する事項
 (ア)相手やその場の状況に応じて丁寧な言葉で話し、また、文章の敬体と常体との違いに注意しながら書くこと。

(2)文字に関する事項の指導のうち、書写については、次の事項を指導する。
 ア 書写に関する事項
 (ア)文字の組立て方に注意して、文字の形を整えて書くこと。
 (イ)文字の大きさや配列に注意して書くこと。
 (ウ)毛筆を使用して、点画の筆使いや文字の組立て方に注意しながら、文字の形を整えて書くこと。

3 内容の取扱い

(1)内容の「A話すこと・聞くこと」、「B書くこと」及び「C読むこと」に示す事項の指導は、例えば次のような言語活動を通して指導するものとする。

「A話すこと・聞くこと」
 身近な話題についてスピーチをすること、要点などをメモに取りながら聞くこと、身近な出来事や調べた事柄について説明したり報告したりすることなど

「B書くこと」
 手紙を書くこと、自分の疑問に思った事などについて調べてまとめること、経験した事を記録文や学級新聞などに表すことなど

「C読むこと」
 読んだ内容などに関連した他の文章を読むこと、疑問に思った事などについて関係のある図書資料を探して読むことなど

第5学年及び第6学年

1 目標

(1)目的や意図に応じ、考えた事や伝えたい事などを的確に話すことや相手の意図をつかみながら聞くことができるようにするとともに、計画的に話し合おうとする態度を育てる。

(2)目的や意図に応じ、考えた事などを筋道を立てて文章に書くことができるようにするとともに、効果的に表現しようとする態度を育てる。

(3)目的に応じ、内容や要旨を把握しながら読むことができるようにするとともに、読書を通して考えを広げたり深めたりしようとする態度を育てる。

2 内容

A 話すこと・聞くこと

(1)話すこと・聞くことの能力を育てるため、次の事項について指導する。
 ア 考えた事や自分の意図が分かるように話の組立てを工夫しながら、目的や場に応じた適切な言葉遣いで話すこと。
 イ 話し手の意図を考えながら話の内容を聞くこと。
 ウ 自分の立場や意図をはっきりさせながら、計画的に話し合うこと。

B 書くこと

(1)書くことの能力を育てるため、次の事項について指導する。
 ア 目的や意図に応じて、自分の考えを効果的に書くこと。
 イ 全体を見通して、書く必要のある事柄を整理すること。
 ウ 自分の考えを明確に表現するため、文章全体の組立ての効果を考えること。
 エ 事象と感想、意見などとを区別するとともに、目的や意図に応じて簡単に書いたり詳しく書いたりすること。
 オ 表現の効果などについて確かめたり工夫したりすること。

C 読むこと

(1)読むことの能力を育てるため、次の事項について指導する。
 ア 自分の考えを広げたり深めたりするために、必要な図書資料を選んで読むこと。
 イ 目的や意図などに応じて、文章の内容を的確に押さえながら要旨をとらえること。
 ウ 登場人物の心情や場面についての描写など、優れた叙述を味わいながら読むこと。
 エ 書かれている内容について事象と感想、意見の関係を押さえ、自分の考えを明確にしながら読むこと。
 オ 必要な情報を得るために、効果的な読み方を工夫すること。

〔言語事項〕

(1)「A話すこと・聞くこと」、「B書くこと」及び「C読むこと」の指導を通して、次の事項について指導する。
 ア 文字に関する事項
 (ア)第5学年及び第6学年の各学年においては、学年別漢字配当表の当該学年までに配当されている漢字を読むこと。また、当該学年の前の学年までに配当されている漢字を書き、文や文章の中で使うとともに、当該学年に配当されている漢字を漸次書くようにすること。
 (イ)仮名及び漢字の由来、特質などについて理解すること。

 イ 表記に関する事項
 (ア)送り仮名や仮名遣いに注意して正しく書くこと。

 ウ 語句に関する事項
 (ア)語句に関する類別の理解を深めること。
 (イ)語句の構成、変化などについての理解を深め、また、語句の由来などに関心をもつこと。
 (ウ)表現したり理解したりするために必要な語句について、辞書を利用して調べる習慣を付けること。
 (エ)語感、言葉の使い方に対する感覚などについて関心をもつこと。

 エ 文語調の文章に関する事項
 (ア)易しい文語調の文章を音読し、文語の調子に親しむこと。

 オ 文及び文章の構成に関する事項
 (ア)文や文章にはいろいろな構成があることについて理解すること。

 カ 言葉遣いに関する事項
 (ア)日常よく使われる敬語の使い方に慣れること。
 (イ)共通語と方言との違いを理解し、また、必要に応じて共通語で話すこと。

(2)文字に関する事項の指導のうち、書写については、次の事項を指導する。
 ア 書写に関する事項
 (ア)文字の形、大きさ、配列などを理解して、読みやすく書くこと。
 (イ)毛筆を使用して、点画の筆使いや文字の組立て方を理解しながら、文字の形を整えて書くこと。
 (ウ)毛筆を使用して、字配りよく書くこと。

3 内容の取扱い

(1)内容の「A話すこと・聞くこと」、「B書くこと」及び「C読むこと」に示す事項の指導は、例えば次のような言語活動を通して指導するものとする。

「A話すこと・聞くこと」
 自分の考えを資料を提示しながらスピーチをすること、目的意識をもって友達の考えを聞くこと、調べた事やまとめた事を話し合うことなど

「B書くこと」
 礼状や依頼状などの手紙を書くこと、自分の課題について調べてまとまった文章に表すこと、経験した事をまとまった記録や報告にすることなど

「C読むこと」
 読書発表会を行うこと、自分の課題を解決するために図鑑や事典などを活用して必要な情報を読むことなど

第3 指導計画の作成と各学年にわたる内容の取扱い

1 指導計画の作成に当たっては、次の事項に配慮するものとする。
(1)第2の各学年の内容の指導については、必要に応じて当該学年より前の学年において初歩的な形で取り上げたり、その後の学年で程度を高めて取り上げたりして、弾力的に指導することができるようにすること。
(2)第2の各学年の内容の「A話すこと・聞くこと」、「B書くこと」及び「C読むこと」に示す事項については、それぞれが関連的に指導されるようにするとともに、それぞれの能力が偏りなく養われるようにすること。
(3)第2の各学年の内容の「A話すこと・聞くこと」、「B書くこと」及び「C読むこと」の言語活動の指導に当たっては、学校図書館などを計画的に利用しその機能の活用を図るようにすること。
(4)第2の各学年の内容の「A話すこと・聞くこと」に関する指導については、日常生活の中に話題を求め、意図的、計画的に指導する機会が得られるようにし、第1学年から第4学年までは年間30単位時間程度、第5学年及び第6学年では年間25単位時間程度を配当すること。その際、音声言語のための教材を開発したり活用したりするなどして指導の効果を高めるよう工夫すること。
(5)第2の各学年の内容の「B書くこと」に関する指導については、文章による表現の基礎的な能力を養うことに重点を置くこと。また、文章を書くことを主とする指導については、第1学年及び第2学年では年間90単位時間程度、第3学年及び第4学年では年間85単位時間程度、第5学年及び第6学年では年間55単位時間程度を配当するようにするとともに、実際に文章を書く活動をなるべく多くしたり特に取り上げて指導したりすること。
(6)第2の各学年の内容の「C読むこと」に関する指導については、読書意欲を高め、日常生活において読書活動を活発に行うようにするとともに、他の教科における読書の指導や学校図書館における指導との関連を考えて行うこと。なお、児童の読む図書については、人間形成のため幅広く、偏りがないように配慮して選定すること。
(7)低学年においては、生活科などとの関連を図り、指導の効果を高めるようにすること。

2 第2の各学年の内容の〔言語事項〕については、次のとおり取り扱うものとする。
(1)音声、文字、文法的事項などのうち繰り返して学習させることが必要なものについては、特にそれだけを取り上げて学習させるよう工夫すること。
(2)毛筆を使用する書写の指導は、第3学年以上の各学年で行い、硬筆による書写の能力の基礎を養うよう指導し、文字を正しく整えて書くことができるようにすること。また、毛筆を使用する書写の指導に配当する授業時数は、各学年年間30単位時間程度とすること。なお、硬筆についても、毛筆との関連を図りながら、特に取り上げて指導するよう配慮すること。
(3)漢字の指導については、第2の内容に定めるほか、次のとおり取り扱うこと。
 ア 学年ごとに配当されている漢字は、児童の学習負担に配慮しつつ、必要に応じて、当該学年以前の学年又は当該学年以降の学年において指導することもできること。
 イ 当該学年より後の学年に配当されている漢字及びそれ以外の漢字を必要に応じて提示する場合は、振り仮名を付けるなど、児童の学習負担が過重にならないよう配慮すること。
 ウ 漢字の指導においては、学年別漢字配当表に示す漢字の字体を標準とすること。

3 教材については、次の事項に留意するものとする。
(1)教材は、話すこと・聞くことの能力、書くことの能力及び読むことの能力を偏りなく養うことや読書に親しむ態度の育成をねらいとし、児童の発達段階に即して適切な話題や題材を精選して調和的に取り上げること。また、第2の3の内容の取扱いに掲げる言語活動が十分行われるよう教材を選定すること。
(2)教材は、次のような観点に配慮して取り上げること。
 ア 国語に対する関心を高め、国語を尊重する態度を育てるのに役立つこと。
 イ 伝え合う力、思考力や想像力及び言語感覚を養うのに役立つこと。
 ウ 公正かつ適切に判断する能力や態度を育てるのに役立つこと。
 エ 科学的、論理的な見方や考え方をする態度を育て、視野を広げるのに役立つこと。
 オ 生活を明るくし、強く正しく生きる意志を育てるのに役立つこと。
 カ 生命を尊重し、他人を思いやる心を育てるのに役立つこと。
 キ 自然を愛し、美しいものに感動する心を育てるのに役立つこと。
 ク 我が国の文化と伝統に対する理解と愛情を育てるのに役立つこと。
 ケ 日本人としての自覚をもって国を愛し、国家、社会の発展を願う態度を育てるのに役立つこと。
 コ 世界の風土や文化などに理解をもち、国際協調の精神を養うのに役立つこと。
(3)第2の各学年の内容の「C読むこと」の教材については、説明的な文章や文学的な文章などの文章形態を調和的に取り扱うこと。

別表 学年別漢字配当表

第一学年 一右雨円王音下火花貝学気九休玉金空月犬見口校左三山子四糸字耳七車手十出女小上森人水正生青夕石赤千川先早草足村大男竹中虫町天田土二日入年白八百文木本名目立力林六五(80字) 
第二学年 引羽雲園遠何科夏家歌画回会海絵外角楽活間丸岩顔汽記帰弓牛魚京強教近兄形計元言原戸古午後語工公広交光考行高黄合谷国黒今才細作算止市矢姉思紙寺自時室社弱首秋週春書少場色食心新親図数西声星晴切雪船線前組走多太体台地池知茶昼長鳥朝直通弟店点電刀冬当東答頭同道読内南肉馬売買麦半番父風分聞米歩母方北毎妹万明鳴毛門夜野友用曜来里理話  (160字) 
第三学年 悪安暗医委意育員院飲運泳駅央横屋温化荷界階寒感漢館岸起期客究急級宮球去橋業曲局銀区苦具君係軽血決研県庫湖向幸港号根祭皿仕死使始指歯詩次事持式実写者主守取酒受州拾終習集住重宿所暑助昭消商章勝乗植申身神真深進世整昔全相送想息速族他打対待代第題炭短談着注柱丁帳調追定庭笛鉄転都度投豆島湯登等動童農波配倍箱畑発反坂板皮悲美鼻筆氷表秒病品負部服福物平返勉放味命面問役薬由油有遊予羊洋葉陽様落流旅両緑礼列練路和開(200字) 
第四学年 愛案以衣位囲胃印英栄塩億加果貨課芽改械害各覚完官管関観願希季紀喜旗器機議求泣救給挙漁共協鏡競極訓軍郡径型景芸欠結建健験固功好候航康告差菜最材昨札刷殺察参産散残士氏史司試児治辞失借種周祝順初松笑唱焼象照賞臣信成省清静席積折節説浅戦選然争倉巣束側続卒孫帯隊達単置仲貯兆腸低底停的典伝徒努灯堂働特得毒熱念敗梅博飯飛費必票標不夫付府副粉兵別辺変便包法望牧末満未脈民無約勇要養浴利陸良料量輪類令冷例歴連老労録街(200字) 
第五学年 圧移因永営衛易益液演応往桜恩可仮価河過賀解格確額刊幹慣眼基寄規技義逆久旧居許境均禁句群経潔件券険検限現減故個護効厚耕鉱構興講混査再災妻採際在財罪雑酸賛支志枝師資飼示似識質舎謝授修述術準序招承証条状常情織職制性政勢精製税責績接設舌絶銭祖素総造像増則測属率損退貸態団断築張提程適敵統銅導徳独任燃能破犯判版比肥非備俵評貧布婦富武復複仏編弁保墓報豊防貿暴務夢迷綿輸余預容略留領快(185字)   
第六学年 異遺域宇映延沿我灰拡革閣割株干巻看簡危机貴疑吸供胸郷勤筋系敬警劇激穴絹権憲源厳己呼誤后孝皇紅降鋼刻穀骨困砂座済裁策冊蚕至私姿視詞誌磁射捨尺若樹収宗就衆従縦縮熟純処署諸除将傷障城蒸針仁垂推寸盛聖誠宣専泉洗染善奏窓創装層操蔵臓存尊宅担探誕段暖値宙忠著庁頂潮賃痛展討党糖届難乳認納脳派拝背肺俳班晩否批秘腹奮並陛閉片補暮宝訪亡忘棒枚幕密盟模訳郵優幼欲翌乱卵覧裏律臨朗論揮(181字) 

(ホームページ上の学年別漢字配当表の漢字の字体については、実際の小学校学習指導要領における学年別漢字配当表の漢字の字体とは異なります。)

お問合せ先

初等中等教育局教育課程課

-- 登録:平成21年以前 --