ここからサイトの主なメニューです

CLARINETへようこそ

「文部科学大臣からのお願い」について(依頼)

18初国教第142号
平成18年11月20日

各在外教育施設運営委員会委員長    
各日本人学校校長 殿
各補習授業校校長  

文部科学省初等中等教育局国際教育課長
手塚 義雅
(公印省略)

 日本国内では、児童生徒が自らその命を絶つという痛ましい事件が依然として発生しており、誠に悼ましいことであります。
 いじめの問題については、すでに平成18年11月10日付け国際教育課長通知「在外教育施設におけるいじめの問題への取組の徹底について」(18初国教第135号)により、更なる徹底をお願いしているところですが、この度、文部科学省では別紙(※生徒指導等についてへリンク)のとおり「文部科学大臣からのお願い」を発表し、国内関係機関に周知しました。
 各在外教育施設においては、この趣旨について周知を図るとともに、このお願いが各在外教育施設の児童生徒及び保護者に行き渡るよう、特段のご配慮をお願い申し上げます。

-本件担当-
文部科学省初等中等教育局
国際教育課在外教育施設指導係
(荒井・川窪)
電話: +81-3-5253-4111(代表)(内線2442)
FAX: +81-3-6734-3738

-- 登録:平成21年以前 --