ここからサイトの主なメニューです

参考資料

高等学校卒業者の進路別の状況

グラフ

大学(学部)卒業者の進路別の状況

グラフ

フリーターの人数の推移

グラフ

資料出所 1982年、87年、92年、97年、2002年については「平成15年版労働経済の分析」より転記。2003年については、総務省統計局「労働力調査(詳細集計)」を厚生労働省労働政策担当参事官室にて特別集計。

(注)1) 1982年、87年、92年、97年については、フリーターを、年齢は15〜34歳と限定し、1.現在就業している者については勤め先における呼称が「アルバイト」又は「パート」である雇用者で、男性については継続就業年数が1〜5年未満の者、女性については未婚で仕事を主にしている者とし、2.現在無業の者については家事も通学もしておらず「アルバイト・パート」の仕事を希望する者と定義し、集計している。

2)2002年、2003年については、フリーターを、年齢15〜34歳層、卒業者に限定することで在学者を除く点を明確化し、女性については未婚の者とし、さらに、1.現在就業している者については勤め先における呼称が「アルバイト」又は「パート」である雇用者で、2.現在無業の者については家事も通学もしておらず「アルバイト・パート」の仕事を希望する者と定義し、集計している。

3)1982年から97年までの数値と2002年、2003年の数値とでは、フリーターの定義等が異なることから接続しない点に留意する必要がある。

-- 登録:平成21年以前 --