ここからサイトの主なメニューです

「今後の国立大学附属病院施設整備に関する検討会」報告書

平成26年3月26日
今後の国立大学附属病院施設整備に関する検討会

 今後の国立大学附属病院施設整備に関する検討会(主査:長澤泰工学院大学副学長)において,今後の国立大学附属病院の施設整備における留意すべき事項などついて検討し,このたび「報告書~個々の附属病院の機能・役割を踏まえた,変化に対応する病院施設を目指して~」を取りまとめました。

本検討会を設置した主旨・経緯

 現在,国立大学附属病院は,ほぼ全てにおいて再開発整備に着手しているものの,一方で既に再開発整備が完了した附属病院においても,高度で質の高い医療の推進や病院機能の高度化等の対応が求められ,今後の大規模な整備が必要となってきています。
 さらに,東日本大震災における被害を踏まえ,災害時の医療拠点としての防災機能の充実強化等が必要です。

 このような国立大学附属病院の状況と医療制度改革の動向等を踏まえ,今後の附属病院施設の大規模な整備を効果的かつ円滑に実施するための留意すべき事項などを報告書としてまとめています。

お問合せ先

大臣官房文教施設企画部計画課整備計画室

整備計画第一係
電話番号:03-5253-4111(代表)(内線2907)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(大臣官房文教施設企画部計画課整備計画室)

-- 登録:平成26年03月 --