ここからサイトの主なメニューです

「国立大学等施設設計指針」の策定について

平成26年7月8日

 文部科学省では,国立宇大学等施設の設計に関する検討会報告書を踏まえ,国立大学法人等が施設を設計する際の基本的考え方や留意事項を示す「国立大学等施設設計指針」を策定しました。

1.趣旨

○グローバル化や少子高齢化の進行等,急激に社会経済状況が変化する中,大学は,機能の強化が求められており,教育研究活動の展開に不可欠な経営資源である国立大学等施設は,大学機能を支える基盤として,その機能の強化に連動した整備が必要とされています。

○また,これらの整備では,施設の安全確保や長寿命化,効率的な施設の維持管理及び省エネルギー等が重要な課題となっています。

○文部科学省では,平成25年6月に「国立大学等施設の設計に関する検討会」(主査:香山壽夫 東京大学名誉教授)を設置し,施設を設計する際の基本的考え方や留意事項等について検討を行い,平成26年3月に報告書「国立大学等施設の設計に関する検討会報告書-大学機能を活性化する教育研究空間づくり-」が取りまとめられました。

○この報告書を踏まえ,国立大学等が施設を設計する際の基本的考え方や留意事項を示す「国立大学等施設設計指針」を策定しました。

○各国立大学法人等に対して,本指針を参考に,大学機能を活性化する教育研究空間づくりに向けた取組を進めることについて依頼します。

2.指針のポイント

○設計の基本的考え方

  • 施設で行われる活動を想定しながら必要な施設性能を確保
  • 経営者層や利用者等に対して積極的に創意工夫を提案し,関係者との合意を形成
  • 大学機能を活性化させるため,次の三つの視点で積極的に創意工夫を提案
    視点1 学生や研究者等の知的生産性の向上等を考慮した「教育研究空間の最適化」
    視点2 学生や研究者等が安心して利用でき,長寿命化や低炭素社会の実現等の社会的要請に応える「施設水準の向上」
    視点3 施設性能等を着実に確保するための「設計プロセスの改善」

お問合せ先

大臣官房文教施設企画部参事官付

整備企画係
電話番号:03-5253-4111(内線2322)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

Excel Viewer 2003のダウンロード(外部サイト)

Excel形式のファイルを御覧いただく場合には、Microsoft Excelが必要です。
Microsoft Excelをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(大臣官房文教施設企画部参事官付)

-- 登録:平成26年07月 --