ここからサイトの主なメニューです

平成16年度「産学官連携コーディネーター新規配置機関の公募」について

平成16年3月26日
文部科学省研究振興局
研究環境・産業連携課

 文部科学省では、大学等における産学官連携基盤の強化を目的として、全国の国公私立大学等に対してそのニーズに応じて産学官連携コーディネーターを配置する産学官連携支援事業を実施してきておりますが、平成16年度、これまで配置していた機関に加えて、新たな機関に産学官連携コーディネーターを配置することとし、以下の通り公募を行いますのでご案内申し上げます。

1.産学官連携支援事業について

(1)概要・目的

 大学等の研究成果の活用・産学官連携基盤の強化を通じた大学等や経済社会の活性化を目的として、産学官連携の専門知識を有する人材を、大学等の各実施機関に配置する。

(2)産学官連携コーディネーターの主な役割

 産学官連携が大学等の活動の柱の一つとして位置づけられ、十分な成果が上がるための各種取組みの推進

(例)

  • モデルとなる産学官連携プロジェクトの企画・助言
  • 教職員への産学官連携意識の醸成
  • 大学内外における産学官連携体制の構築支援
  • 産業界・自治体との連携システムの構築支援

(3)産学官連携コーディネーター配置予定期間(新規採択分)

 平成16年6月1日~平成17年3月31日
 (平成17年度以降については、実情等を踏まえ、配置を継続する可能性があります)

2.公募について

(1)配置予定機関

 国公私立大学、大学共同利用機関及び高等専門学校、独立行政法人
 (現在、産学官連携コーディネーターが未配置である機関) 5機関程度

(2)応募者

 各機関における産学官連携担当責任者

(3)応募手続き

 応募者は別添の平成16年度産学官連携コーディネーター配置計画書及び産学官連携コーディネーター候補者の履歴書、職務経歴書、各機関における産学官連携担当責任者からの推薦書を提出していただきます(履歴書、職務経歴書、推薦書は様式自由)。

(4)選定方法

 文部科学省において、書類及び面接による選定の上、産学官連携コーディネーターとその配置機関を決定する。

(5)公募期間

 平成16年3月29日(月曜日)~平成16年4月23日(金曜日)(必着)

(6)問合せ先・書類提出先

 文部科学省研究振興局 研究環境・産業連携課 産学官連携支援事業担当
 〒100‐8959 千代田区丸の内2‐5‐1
 電話:03‐6734‐4244 FAX:03‐6734‐4074

3.その他留意事項

  • (1)産学官連携支援事業は文部科学省の事業として平成14年度から実施しているものですが、産学官連携コーディネーターは文部科学省から委託を受けた人材企業と雇用契約を締結の上、各機関に配置されます。
  • (2)選定された機関には、応募者宛に選定結果を通知します。
  • (3)本事業では産学官連携コーディネーターの活動に必要な経費(人件費、活動費等)を一定額措置することとしています。
  • (4)選定された機関及び産学官連携コーディネーターは、両者で相談の上、当該年度の活動方針等を策定し、提出していただきます。

お問合せ先

研究振興局研究環境・産業連携課

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(研究振興局研究環境・産業連携課)

-- 登録:平成21年以前 --