ここからサイトの主なメニューです

平成22年度 大学等における産学連携等実施状況について(機関別実績追加版)

 文部科学省では、産学連携等施策の企画・立案に反映させることを目的として、大学等における産学連携等の実施状況調査を毎年行っています。この度、平成22年度における実施状況を取りまとめましたので公表します。

結果概要

  1. 民間企業との「共同研究件数」は15,544件となり、前年度に比べて765件(5.2パーセント)増加し、また、「研究費受入額」は約314億円と、前年度に比べて約20億円(6.6パーセント)増加している。
     一方で、民間企業との共同研究件数のうち中小企業と行った件数は4,416件と、前年度に比べて148件(3.5パーセント)増加し、外国企業と行った件数は185件と、前年度に比べて6件(3.4パーセント)増加している。
     
  2. 「特許出願件数」は国内・外国出願合わせて8,675件と、前年度に比べて126件(1.4パーセント)減少した。一方で、「外国出願件数」は2,185件と、前年度に比べて183件(9.1パーセント)の増加となっている。
     
  3. 「特許権保有状況」は国内・外国合わせて9,396件となり、前年度に比べて2,826件(43.0パーセント)増加している。
     
  4. 「特許権実施等件数」は4,968件となり、前年度に比べて441件(9.7パーセント)増加している。「特許権の実施料収入額」は約14.5億円と、前年度に比べて約5.5億円(62.3パーセント)増加している。
     
  5.  「大学等発ベンチャーの設立数」は47件となり、前年度に比べて27件(36.5パーセント)減少した。
     
  6. さらに、具体的な成果事例を見ると、各大学等における産学官連携活動の取組によって、日常生活の向上や医療分野・環境分野等の様々な課題の解決に資するものなど、多様な成果が上がりつつあることがうかがえる(別添資料参照)。

お問合せ先

科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課大学技術移転推進室

大学技術移転推進室長:橋爪 淳、室長補佐:石田 雄三
電話番号:03-5253-4111(内線4261)、03-6734-4075(直通)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課大学技術移転推進室)

-- 登録:平成23年11月 --