ここからサイトの主なメニューです

科研費の使用のルールについての質問

【Q4114】 補助事業の実施により発生した為替差損について、当該科研費(直接経費)で負担することは可能ですか?

【A】
  為替差損は、例えば、個別の取引における海外業者等への送金に付随して発生したりすることが考えられます。この場合、補助事業期間中であれば、当該科研費(直接経費)で負担することが可能です。なお、補助事業期間中であっても、当該科研費以外の支出が認められる経費で負担することを妨げるものではなく、また、補助事業期間終了後に為替差損が発覚した場合には、当該科研費以外の支出が認められる経費で負担することとなります。

お問合せ先

研究振興局学術研究助成課

-- 登録:平成28年11月 --