ここからサイトの主なメニューです

応募全般についての質問

【Q2105】 研究分担者承諾手続については、平成31年度公募(平成30年度9月)から電子申請システムで行うこととなりましたが、手続に当たっての留意点を教えてください。

【A】
  平成31年度公募(平成30年度9月)から、応募における研究分担者承諾手続は電子申請システムで行うこととしました。当該承諾手続は研究分担者が研究代表者に対して、研究分担者となること、科研費の研究者使用ルールを理解し遵守すること、科研費を適正かつ効率的に使用すること、研究において不正行為を行わないこと、研究倫理教育教材を履修することを約束するもので、手続に当たっては研究代表者、研究分担者及び研究分担者が所属する研究機関においてそれぞれ手続が必要です。研究分担者承諾手続を経て研究組織の構成を終えないと、研究代表者は研究計画調書を研究機関に提出(送信)することができませんのでご留意ください。
  なお、これまでは「研究分担者承諾書」を研究代表者が保管していることを所属機関において確認することとしておりましたが、平成31年度公募(平成30年度9月)からは、電子申請システム内で承諾状況の確認を行うことができます。また、既に採択されている継続課題の研究分担者承諾手続(交付決定後の研究分担者承諾手続)については、平成31年度4月から電子申請システムで行うこととする予定です。

お問合せ先

研究振興局学術研究助成課

-- 登録:平成27年08月 --