ここからサイトの主なメニューです

国庫債務負担行為について

【Q6408】 出来高の確認には明確な内訳や根拠が必要ですか?

【A】 進捗状況(出来高)に応じて年度ごとに支出する場合には、支出の根拠となる進捗状況(出来高)を確認する必要があります。このため、支払いの回数や期間の経過を根拠にするのではなく、例えば、契約時に、何をどこまで進めるのか等を明確にした上で、その出来高の確認方法等について必要な契約条件を予め定めるなど、実際の進捗状況(出来高)が適切に確認できるようにしてください。

お問合せ先

研究振興局学術研究助成課

-- 登録:平成26年02月 --