ここからサイトの主なメニューです

国庫債務負担行為についての質問

【Q6406】 「進捗状況(出来高)に応じた年度ごとの支出が可能」ということですが、年度ごとの支出をしなければならないのでしょうか?

【A】
 研究装置を製作する際には、進捗状況(出来高)に応じて年度ごとに支出することも、製作が完了し検収した段階で一括して支出することも可能です。多額の経費を要する場合や製作が長期にわたる場合など、進捗状況に応じて年度ごとに支出することのメリットが大きいケースもありますが、少額の装置を短期間で複数製作する場合など、必ずしもそうでないケースも考えられますので、研究機関において研究費が効率的・効果的に執行されるように適切に判断してください。

お問合せ先

研究振興局学術研究助成課

-- 登録:平成26年02月 --