ここからサイトの主なメニューです

科研費の使用のルールについての質問

【Q4112】 直接経費の残額がわずかな額になった場合でも、返還の手続が必要でしょうか。事務手続の効率化の観点もあり、何かよい方法はありませんか。

【A】 科研費では、直接経費に他の経費(当該経費の使途に制限のある経費を除く。)を加えて、補助事業に使用することを合算使用制限の例外の一つとして認めています。したがって、直接経費の残額が少なくても、他の経費を合わせて物品を購入したり旅費に充てるなどすることによって、補助事業のために残すことなく有効に使うことができます。なお、科研費の補助事業に使用する必要がなくなった場合には、残額の多寡にかかわらず返還していただくことになります。また、返還することにより、以後の科研費の審査において不利益が生じることは一切ありません。

お問合せ先

研究振興局学術研究助成課

-- 登録:平成25年06月 --