ここからサイトの主なメニューです

一部基金化種目についての質問

【Q6206】 補助金について次年度に繰り越す必要が出てきた場合、様式はどのようになるのでしょうか。繰り越す際の説明は当該補助金についてのみ説明することになるのでしょうか。

【A】
  電子申請システムにより申請書類を作成していただきます。手続の詳細については、日本学術振興会のホームページを参照してください。(http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/16_rule/rule.html#kurikoshi)なお、助成金と一体的に補助事業を遂行していることから、繰越しの際には当該補助金についてのみ説明いただくのではなく、補助事業に要する経費として事業全体(次年度行う助成金も併せた当該繰越事業のうち一部を繰り越した補助金で行う旨)を説明いただく必要があります。

お問合せ先

研究振興局学術研究助成課

-- 登録:平成24年06月 --