ここからサイトの主なメニューです

物品費についての質問

【Q4422】共用設備の修理費についても、購入時の割合及び規模等と同様の考え方により合算使用することは可能ですか?

【A】
共用設備の修理費にあっては、契約形態も含め様々なケースが考えられます。例えば、定期的な保守・修繕など全ての補助事業に関係する場合には、各補助事業が購入時に負担した割合と「同じ割合」で整理することもあり得るものと考えますが、特定の補助事業のために修繕等を行う場合にはどうするか、また、月払の契約においては1ヶ月使用しなかった場合にどうするかなど一律に判断することが難しいものと考えます。
このため、合算使用により修理費を負担する場合には、事前に文部科学省に相談してください。
なお、合算使用により購入が可能となる共用設備の定義は定めておりませんので、合算使用可能か否かは研究機関のルールで判断いただくことになりますが、対象としては、実験装置や研究機材等を想定しており、図書や消耗品等は想定していません。

お問合せ先

研究振興局学術研究助成課

-- 登録:平成24年06月 --