ここからサイトの主なメニューです

基金制度についての質問

【Q6109】 当初の研究期間を終了しても研究費に残額がある場合にはどうしたらよいでしょうか?

【A】
 当初予定した研究を完了しても研究費に残額が生じた場合には、無理に使うのではなく返還していただくことになります。なお、残額が生じたことで、以後の科研費の審査において不利益が生じるようなことは一切ありません。
 また、当初の研究期間を終了してもまだ研究が完了せず、研究費に残額がある場合には、研究期間を1年間延長して研究費を使用することができます。その際には、事前に手続が必要となります。なお、延長期間が終了してもなおかつ研究費に残額がある場合に、再延長はできませんので、その時点の残額は返還してください。

お問合せ先

研究振興局学術研究助成課

-- 登録:平成23年06月 --