ここからサイトの主なメニューです

基金制度についての質問

【Q6106】 科研費(基金分)について、未使用分を翌年度に持ち越す場合、これまでの繰越しと同様の理由がないと認められませんか?

【A】
 科研費(補助金分)の繰越しの場合には、研究者の自己都合などによるケースは認められませんでしたが、科研費(基金分)の未使用分の翌年度への持ち越しについては、特に理由が限定されるものではありません。
 なお、科研費は研究計画の応募に対して審査・採択を経て研究費を交付するものですから、明らかに不適切な理由によって研究を行わない(研究費を使用しない)といったことまで認められるわけではありません。こうした場合には、研究を廃止するなどの措置をとることになります。

お問合せ先

研究振興局学術研究助成課

-- 登録:平成23年06月 --