ここからサイトの主なメニューです

その他の費目についての質問

【Q4472】 設備の保守やリースに関して複数年の契約をすることはできますか?

【A】
 複数年の契約をすることに制約は設けていませんので、最も効率的であると判断する形で研究機関の責任において契約することができます。なお、リース料等の科研費(補助金分)による支払いについては、複数年分を一括で行うことはできず、年度ごとに行う必要があります。また、複数年によるリース料等の科研費(基金分)による支払いについては、必ずしも年度ごとに行う必要はありません。

お問合せ先

研究振興局学術研究助成課

-- 登録:平成23年06月 --