ここからサイトの主なメニューです

平成29年度事後評価対象研究領域一覧(22研究領域)

領域

番号

研究領域名

領域代表者

氏名(研究機関・所属・職)

事後

評価

結果

1401

現代文明の基層としての古代西アジア文明―文明の衝突論を克服するために―

常木 晃(筑波大学・人文社会系・教授)

A

2401

元素ブロック高分子材料の創出

中條 善樹(京都大学・大学院工学研究科・教授)

A

2402

重力波天体の多様な観測による宇宙物理学の新展開

中村 卓史(京都大学・大学院理学研究科・名誉教授)

A

2403

感覚と知能を備えた分子ロボットの創成

萩谷 昌己(東京大学・大学院情報理工学系研究科・教授)

A+

2404

実験と観測で解き明かす中性子星の核物質

田村 裕和(東北大学・大学院理学研究科・教授)

A-

2405

多面的アプローチの統合による計算限界の解明

渡辺 治(東京工業大学・情報理工学院・教授)

A

2406

人工光合成による太陽光エネルギーの物質変換:実用化に向けての異分野融合

井上 晴夫(首都大学東京・大学院都市環境科学研究科・特任教授)

A

2407

プラズマ医療科学の創成

堀 勝(名古屋大学・未来社会創造機構・教授)

A

2408

感応性化学種が拓く新物質科学

山本 陽介(広島大学・大学院理学研究科・教授)

A

2409

福島原発事故により放出された放射性核種の環境動態に関する学際的研究

恩田 裕一(筑波大学・生命環境系・教授)

A+

2307


超低速ミュオン顕微鏡が拓く物質・生命・素粒子科学のフロンティア

鳥養 映子(山梨大学・総合研究部・教授)

A-

3401

免疫四次元空間ダイナミクス

高濱 洋介(徳島大学・先端酵素学研究所・教授)

A+

3402

ユビキチンネオバイオロジー:拡大するタンパク質制御システム

岩井 一宏(京都大学・大学院医学研究科・教授)

A

3403

シリア・中心体系による生体情報フローの制御

濱田 博司(大阪大学・大学院生命機能研究科・教授)

A

3404

植物細胞壁の情報処理システム

西谷 和彦(東北大学・大学院生命科学研究科・教授)

A+

3405

ウイルス感染現象における宿主細胞コンピテンシーの分子基盤

永田 恭介(筑波大学・医学医療系/人間総合科学研究科・教授)

A

3406

マイクロエンドフェノタイプによる精神病態学の創出

喜田 聡(東京農業大学・生命科学部・教授)

A

3407

運動超分子マシナリーが織りなす調和と多様性

宮田 真人(大阪市立大学・大学院理学研究科・教授)

A

3408

高精細アプローチで迫る転写サイクル機構の統一的理解

山口 雄輝(東京工業大学・大学院生命理工学研究科・准教授)

A-

4401

構成論的発達科学-胎児からの発達原理の解明に基づく発達障害のシステム的理解-

國吉 康夫(東京大学・情報理工学系研究科・教授)

A

4402

生物多様性を規範とする革新的材料技術

下村 政嗣(千歳科学技術大学・理工学部・教授)

A-

4403

新海洋像:その機能と持続的利用

古谷 研(創価大学工学研究科 教授)

A

※本研究領域は、平成28年度に実施した事後評価において評価を保留とした研究領域です。

お問合せ先

研究振興局学術研究助成課

-- 登録:平成30年01月 --