ここからサイトの主なメニューです

研究領域名:我が国の科学技術黎明期資料の体系化に関する調査・研究

1.研究領域名:

我が国の科学技術黎明期資料の体系化に関する調査・研究

2.研究期間:

平成13年度~平成17年度

3.領域代表者:

佐々木 勝浩(独立行政法人国立科学博物館・理工学研究部・部長)

4.領域代表者からの報告

(1)研究領域の目的及び意義

 本研究は主として江戸時代に我が国で行われた科学や技術の諸分野における活動に関する古文書、記録、また輸入書などの文献類及び、具体的に製作された様々な測量器具、天文観測器具、医療器具、銃砲、エレキテル、望遠鏡、ガラス、時計などの資料を我が国の科学技術黎明期資料と位置付け、この知識と実践の相関関係から「江戸のモノづくり」の実態を明らかにしようとしたものである。分野によっては、資料が我が国の科学や技術の発展形態に特徴的な視点を加味し、江戸以前や明治以降の資料及び関連する周辺の資料も対象とした。
 従来の研究が科学史、洋学史や実学史等のフィールドで、医学、天文学、和算、鉱山、本草学、銃砲、測量術等の個別の知識体系として、文献は文献、器物は器物として個々に取り扱われる傾向があったのに対して、本研究では、科学的知識(理論的なもの)とモノづくりの技術(実践的なもの)を一括して取り扱い、さまざまな視点から総合的に再検討した。そのため、歴史を研究対象とする者ばかりでなく保存科学や美術史、技術史、芸能史、再現技術などの各分野における大学・研究機関等に勤める研究者、器物を扱う博物館、保存修復についての専門機関である東京文化財研究所、さらには、技術や資料を伝承する市民を、有機的に結びつける仕組みを考案し、従来にない手法、研究交流、新たな資料の発掘を行った。

(2)研究成果の概要

 本領域は、計画研究と公募研究をA01~A06の各項目に分け、それぞれ個別のテーマを掘り下げると同時に、多様な分野の研究者、博物館関係者、アマチュア研究者、一般の市民の協力を得て、広範な連携に基づく研究活動を展開した。具体的には領域内の各ワーキンググループを主体として、佐賀(佐賀県立博物館)、東北(東北大学図書館)、赤木コレクション(江戸東京博物館)、南葵文庫(東京大学)などの科学技術史資料・文献等の合同調査、九州や信州などでの地域の市民も交えた資料調査・研究活動の立ち上げ、各県市町村立博物館を拠点とした地域と大学との共同による地域文化財の比較研究を行い、その成果を「生産遺跡から探る「モノづくり」の歴史(大阪・佐渡市など)」、「佐賀・鹿児島・萩の反射炉が語るもの(鹿児島大学)」、「トヨタコレクション展(産業技術記念館)」岩手山シンポジウム(岩手県)、近代を開いた江戸のモノづくり(佐賀市)、「江戸の科学-幕末福井の好奇心-」(福井市)、宮城の坤輿万国全図(大崎)など数十回を超えるシンポジウムや博物館での特別展などで公開し、地域社会にも還元した。また日本関係資料を持つ海外関係機関との情報交換、7回の国際シンポジウム、ホームページと資料情報データベースを通して、研究情報を広く公開し、さらに研究成果を影印本・研究叢書・一般向け解説書として刊行すべく作業を進めている。特に最終年度は、信州地域を「江戸のモノづくり」研究方式のケーススタディーとして「信州プロジェクト」を企画し、地元研究者と諸機関の全面的協力を得て10回を超える合同調査・研究集会、16箇所の地域密着型シンポジウムや小・中学生までもが参加した「国際シンポジウムin長野」を開催し、特定領域の集大成と今後の展開を図った。

5.審査部会における所見

A(期待どおり研究が進展した)
 類例のない巨大プロジェクトであり、全体的に見て、大きな達成をみたと言える。多分野にわたる大量の資料情報の収集、そして文・理系研究者や大学・博物館・研究所等の間のネットワークづくりに関して、期待以上の成果をあげた。さらに、膨大な刊行物を生み出した、多くのシンポジウムを組織した、市民参加型の研究活動を組織する工夫を凝らしている、といった諸点が非常に高く評価できる。しかしながら、研究期間の4年間では資料の「体系化」や、日本独自の「モノづくり」についての歴史的、文化的背景の検討までには至っていない。ただし、このプロジェクトそのものが「体系化」を考えるための基盤づくりに中心的な目的があったと推察できるので、「体系化」については次の段階のプロジェクトに期待したい。

お問合せ先

研究振興局学術研究助成課

-- 登録:平成23年03月 --