ここからサイトの主なメニューです

(4003)粒子人間植物影響要点

研究領域名

 東アジアにおけるエアロゾルの植物・人間系へのインパクト

領域代表者

 畠山 史郎(東京農工大学・大学院共生科学技術研究院・教授)

研究期間

 平成20年度~24年度

研究の概要

 深刻化する東アジアからの越境大気汚染の中でも、エアロゾルが植物や人間の健康に与える影響はまだ十分に解明されていない。まず、長距離輸送されるエアロゾルとその前駆体について、航空機や地上での観測から質と量を把握し、それらの生成・変質・沈着の各プロセスを解明する。これらをベースとして、植物に対するエアロゾルの暴露や沈着プロセスの解析を行い、またアジアにおける疫学的な調査を中心として、越境大気汚染による健康への影響を明らかにする。エアロゾルによる越境大気汚染の状況と、それによる植物・人体への影響を把握することにより、東アジアにおける発生源対策において留意すべきポイントを明らかにすることが可能となる。

Title of project

Impacts of aerosols in East Asia on plants and human health

Head Investigator Name

Shiro Hatakeyama

Term of Project

2008-2012

Abstract of Research Project

In the worsening situation of trans-boundary air pollution from the East Asia, the influence that aerosol gives to plants and human health is not yet elucidated enough. In this research area, quality and quantity of aerosols and their precursors transported long-range will be measured by aerial and ground based observations and, then, each process of aerosol generation, transformation, and deposition will be clarified. Based on these backgrounds, exposure experiments of plants to aerosols and analyses of deposition processes will be made. Influence of transported aerosols on human health will be also studied mainly on epidemiologic investigation in Asia.
It becomes possible to clarify the point to which we should pay attention in emission-source measures in the East Asia by understanding the situation of the long-range trans-boundary air pollution by aerosols and their influence on plants and human health.

お問合せ先

研究振興局 学術研究助成課

(研究振興局 学術研究助成課)

-- 登録:平成21年以前 --