ここからサイトの主なメニューです

学校において受ける線量の計算方法について(平成23年8月26日)

参考

 夏季休業終了後、学校において児童生徒等が受ける線量(学校での内部及び外部被ばくを含み、自然放射線による被ばく及び医療被ばくは含まない。)については、児童生徒等の行動パターンを考慮すると、下記の式から推計される。

(1) 学校における外部被ばく分は、
 (A×T1+B×T2)×D/1000(mSv/年)で推計される。
 A:校庭・園庭の空間線量率(μSv/時)
 B:学校の屋内の空間線量率(μSv/時)* 
 (*:測定値がない場合には、A×0.2(平屋あるいは2階だてのブロックあるいは煉瓦造りの家屋における、沈着した放射性物質のガンマ線による被ばくの低減係数/出典:原子力施設等の防災対策について(原子力安全委員会))を用いる。)
 T1:1日当たりの校庭・園庭での活動時間(時/日)
 T2:1日当たり学校の屋内での活動時間(時/日)
 D:1年間の学校への通学日数(日/年)

(2) 学校において児童生徒等が受ける自然放射線(宇宙線:0.29mSv/年,大地放射線:0.38mSv/年/出典:財団法人原子力安全研究協会「生活環境放射線」(平成4年))は、
  (0.29+0.38)×(D/365)×(T1+T2)/24(mSv/年)で推計される。

(3) 学校において測定される空間線量率には、自然放射線が含まれていることから、学校における外部被ばく分(上乗せ分)は、
 (1)-(2)(mSv/年)で推計される。

(4) 内部被ばくは、食品経由、粉じんの吸入被ばく、手などからの経口摂取、傷口からの侵入による被ばくなどの経路を考慮し、内部被ばくの全線量に対する寄与をZ%と仮定すると、
 (3)×Z/(100-Z)(mSv/年)で推計される。

(5) したがって、内部被ばくを含めた学校における被ばく線量(上乗せ分)は、
  (3)+(4)(mSv/年)で推計される。

以下のようなモデルを想定した場合、
 A:1.0μSv/時
 B:0.2μSv/時(「福島県学校等空間線量率の測定結果」(平成23年8月4日実施分)における平均値を採用)
 T1:2時間
 T2:4.5時間
 (T1+T2=6.5時間,出典:平成18年社会生活基本調査(総務省))
 D:200日
 Z:10%(給食の回数を190回とし、原発事故の影響による飲食物による線量推計(0.111mSv/年,薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会放射性物質対策部会作業グループ発表(2011年7月))及び学校グランドの利用に伴う内部被ばく線量評価(1.9%,第31回原子力安全委員会資料第3-1号、平成23年5月12日文部科学省)から安全側に立って仮定)

学校において児童生徒等が受ける線量は、0.534mSv/年であり、1mSv/年以下となる。 

お問合せ先

原子力災害対策支援本部(放射線の影響に関すること)

電話番号:03-5253-4111(内線4605)
ファクシミリ番号:03-3595-7154

スポーツ・青少年局学校健康教育課(学校に関すること)

電話番号:03-5253-4111(内線4950)
ファクシミリ番号:03-6734-3794

(原子力災害対策支援本部、スポーツ・青少年局学校健康教育課)

-- 登録:平成23年09月 --