ここからサイトの主なメニューです

東日本大震災被災地への実験実習に関する設備・備品等の提供について

事務連絡
平成23年4月15日

各都道府県教育委員会
産業教育施設設備担当者 殿

文部科学省初等中等教育局高校教育改革PT
産業教育振興室

 

東日本大震災被災地への実験実習に関する設備・備品等の提供について

 

 東日本大震災において被災した専門高等学校等では、実験実習等に用いる設備・備品、消耗品の多くが毀損、流失しており、新学期において円滑に教育活動を実施するためには、実験実習に関する設備・備品、消耗品を確保することが必要となります。

 このうち、被災した学校における実験実習に関する設備・備品については、公立学校施設災害復旧事業の負担(補助)対象となっております。しかしながら、実験実習に関する新たな設備・備品が十分に確保できない等の理由から、新学期からの教育活動に対応できないことも考えられます。

 ついては、各教育委員会が所管している廃校施設等で保有している実験実習に関する設備・備品、消耗品のうち、被災した学校において使用できるものがあれば、必要に応じて、中間支援団体や企業・NPO等の関係機関とも連携協力の上、譲渡、貸し出し等をお願いします。その際には、文部科学省ホームページ「東日本大震災子どもの学び支援ポータルサイト」(http://manabishien.mext.go.jp/)も活用ください。

 また、本サイトにおいて、生徒用や事務用の机、いす、ロッカーなど、既に具体的な提案も教育委員会や大学等からなされているため、被災地域の各教育委員会におかれては、実験実習に関する設備・備品をはじめとした教育活動展開に必要な物資の調達に本サイトを活用ください。

お問合せ先

初等中等教育局高校教育改革PT

産業教育振興室助成係 (大塚、橋田)
電話番号:03-5253-4111(内線2380)

(初等中等教育局高校教育改革PT)

-- 登録:平成23年05月 --