ここからサイトの主なメニューです

Guidelines for Exchange and Cooperation among Universities in China, Japan and Korea with Quality Assurance(日中韓の質の保証を伴った大学間交流に関するガイドライン)

日本語仮訳は英文の下に記載しております。

Guidelines for Exchange and Cooperation among Universities in China, Japan and Korea with Quality Assurance

    In line with meeting of the leaders of People's Republic of China, Japan and Republic of Korea and also Trilateral Cooperation Vision 2020, the three countries would promote exchanges among universities through credits recognition, double degree as well as other programs. Meanwhile, these three countries will assure quality of exchange program through enhancing cooperation among educational quality assurance agencies. In this sense, the guidelines are elaborated, based on the discussion in the Japan-China-Korea’ Committee for Promoting Exchange and Cooperation among Universities (hereinafter referred as the “Committee”)

1. Introduction

1. Objective

    The guidelines aim to encourage exchanges and cooperation among universities in China, Japan and Korea with quality assurance and jointly improve international competitiveness of universities. The purposes of guidelines are to establish an effective operational mechanism for university exchange and quality assurance, to protect students and other stakeholders as well as to urge relevant stakeholders to fulfill the responsibilities and promote collaboration, thereby contributing to comprehensive educational cooperation and a good-neighborly partnership of mutual trust oriented among people in these three countries.

2. Connotation

    Exchanges and cooperation among universities as mentioned in these guidelines could be carried out through “CAMPUS Asia” with the consent of the three countries. The framework and detailed programs would be stated in other documents. In addition, the proposed guidelines do not force any particular educational and exchange activities, as these activities should be conducted autonomously by themselves.

3. Principle

    Considering each others’ characteristics and legal system, exchanges and cooperation among universities and quality assurance activities must adhere to the principles of openness, universality, progressiveness, flexibility and demonstrativeness. Enough respect for mutual benefit should be given in jointly exploring a common framework based on the principle of seeking common ground and leaving aside differences in system, customs, and cultures and so on.

4. Scope

    The guidelines are applicable for governments, universities, quality assurance agencies and other stakeholders including the industry to implement. It is expected that all involved bodies work together to conduct exchange programs among universities and guarantee the quality of credits and degrees conferred.

2. Guidelines for Higher Education Stakeholders

1. Guidelines for governments

1) Establishment of a comprehensive, coherent and transparent quality assurance framework
     It is imperative that the governments should clarify what higher education system entails in terms of school types, academic level, diploma issued and the connection with other education systems including middle education systems, vocational education systems, and other non-formal education systems, in accordance with their laws and regulations. In addition, the governments should publicize the national prerequisite for students to be admitted into universities, detailed requirements for them to obtain degree and quality assurance standard in higher education (qualification framework) as well as prepare the information package in higher education.

2) Encouragement for relevant universities to participate in the exchange program
    The governments, in its assured authority and policy, should encourage and support universities with quality assurance in conducting exchange programs through various resources and means. The governments should also take the initiative in supporting the Pilot Program through financial and other means, and especially at the stage of launching.

3) Support for the quality assurance agency to conduct activities
    The government should encourage quality assurance agencies to exert positive effects on quality improvement and support relevant activities conducted independently by the Japan-China-Korea Quality Assurance Council (hereinafter referred to as the “Council”) through financial and other means.

2. Guidelines for relevant universities

1) Establishment of internal quality assurance system
    Relevant universities should establish an effective internal quality assurance system to ensure the quality of exchange program. Here the meaning of “internal quality assurance” varies according to the education system and academic practice, but the following could be assumed to be applicable for all relevant universities of three countries to implement. a) publish basic information of school education and teaching and provide detailed information of exchange program; b) construct systematic curriculum and pay due consideration for maintaining the standards and consistency for writing syllabus and grade evaluation; c) confirm, under the comprehensive teaching system and appropriate administration, that the process of conferring credits, giving academic grade, and processing credits transfer is in accordance with the laws and regulations in the country.

2) Effective implementation of exchange program
    Universities participating in the exchange program should formulate operational regulations and emergency preplan. These universities should also make an agreement about important items and the detail in the exchange program, which is available to the public and then take periodical follow-up. While paying attention to quality assurance, it is also necessary for universities to probe into the establishment of credit transfer system, which would  lay a foundation for establishing credit transfer and accumulation system in China, Japan and Korea and even in Southeast Asia. It is also important for universities to offer educational support in collaboration with a partner university through learning agreement, under which both universities and students confirm whether learning outcomes (including credits and diploma and so on) can be certified or not so that they can further their study after returning to the country.

3) Good student services
    All relevant universities should adhere to student-centered principle and assure students' benefits and interests. It is important to provide students including program applicants with adequate and correct information resources for decision-making of their academic career. Implementation procedure and requirements of exchange program should be maintained clear, transparent and readable, and it is recommended for universities to offer “one-stop service” as much as possible, through which international students can use various services such as information service, application service and other consultation, so that they can concentrate on preparing their academic career. Upon implementation of the program, necessary language training and continuous support, guidance and opportunities of “cultural exchanges” are recommended to be provided for exchange students. And in order to provide better service, it is also recommended to maintain communication with international students through counselors, teaching assistant, volunteers and all available forces of the school.

3. Guidelines for quality assurance agencies

1) Maintaining Clarification and Visibility of Procedure
    It is important to understand that the role of quality assurance agencies is different in the three countries, even though these three countries have similar system of university evaluation. In this sense, the quality assurance agencies should pay attention to the diversity and variety of quality assurance mechanism in each country, while making efforts in exchanging and sharing information in the three countries through information platform in the Committee.

2) Seeking for common standards and joint evaluation
    While strengthening quality assurance of exchange program, the quality assurance agencies in these three countries should pay attention to common practices and features such as index system and evaluation measures. These agencies should find out certain common index framework in exchange program among universities in the three countries and jointly conduct university evaluation.

3) Capacity building for the staff
    Capacity building for the staff in charge of evaluation activities plays a very important role in improving university evaluation. From the perspective of international exchange program, it is necessary for the relevant staff to have adequate knowledge and experience in the cross-border nature of exchange program. It is recommended to conduct staff exchange and capacity building through the Committee so that the outcomes will be shared in exchange and cooperation among universities for capacity building.

4. Guidelines for other stakeholders

    It aims to cultivate international talents with communication and working abilities through exchange program, who are the potentials for the economic development in the East Asia, thereby having far-reaching significance in terms of economic development and prosperity of China, Japan, and Korea as well as the whole East Asia. Therefore, it is expected that other stakeholders including industry can offer necessary support for university exchange program in the three countries, such as developing joint courses, providing internship conditions, conducting joint research, and so on.

3. Supplementary articles

1. Validity of the guidelines

    These guidelines were approved, based on the discussion at the second meeting for the Committee held in Beijing, December 10th, 2010. The texts were written in four languages namely Chinese, Japanese, Korean and English. In the event of any divergence of interpretation between any of the texts, the English text shall prevail.  The terms of the guidelines may be altered with the consent of the Committee. All relevant bodies have access to these guidelines for reference in conducting exchange and cooperation. It should be noted that each higher education system has its own characteristics, and the proposed guidelines never intend to force any change of the rules and regulations of the countries.

2. Dissemination of the guidelines

    It is important that the governments should make efforts in disseminating the guidelines and “Campus Asia” framework as non-binding but significant material for the society both domestically and internationally. Through such process, it is also recommended that the governments should publish good practices implemented in the universities and quality assurance agencies, including the Pilot Program.

日中韓の質の保証を伴った大学間交流に関するガイドライン(仮訳)

 日本国、中華人民共和国、大韓民国の「日中韓協力ビジョン2020」に沿って、三カ国は、単位互換や共同学位及びその他のプログラムを通じた大学間交流の促進を目指している。一方、これらの三カ国は教育に関する質を保証する機関間の協力を促進することを通じ、交流プログラムの質を保証することを意図している。このことを踏まえ、本ガイドラインは、「日中韓大学間交流・連携推進会議」(以後「会議」と省略)における議論に基づき策定されたものである。

1.はじめに

1.目的

 本ガイドラインは、日本、中国、韓国の大学間における質の保証を伴った交流・連携を促し、大学の国際競争力を共に向上させることを目的としている。本ガイドラインの目的は、大学間交流及び質保証の効果的な実施メカニズムを構築し、学生その他の関係者を保護するとともに、関連するステークホルダーが責任を実行し、連携を推進することを促すことにより、包括的な教育協力や、これら三カ国の人々の間に相互信頼志向の近隣パートナーシップに貢献することを目指すものである。

2.用語

 本ガイドラインにおいて言及される大学間交流・連携は、三カ国の合意により「キャンパス・アジア構想」を通じて実施されることが考えられる。枠組みや詳細なプログラムについては、他の文書において説明されることとなる。加えて、これらの活動は自ら自律的に実施されるべきものであることから、本提案のガイドラインは、何ら特定の教育及び交流活動を強いるものではない。

3.原則

 各国の特徴や法制度を考慮して、大学間交流・連携や質保証の活動は、開放性、普遍性、漸進性、柔軟性及び実証性の原則に沿ったものでなければならない。大同を求め、制度や習慣、文化等々の小異に拘らない原則にのっとり、共同で共通の枠組みを模索する際には、相互利益を十分に尊重することが踏まえられなければならない。

4.対象

 本ガイドラインは、その実施において、政府、大学、質保証機関及び産業界を含むその他のステークホルダーに適用される。全ての関係主体が、大学間交流プログラムの実施及び授与される単位及び学位の質を保証するため共に努力することが期待される。

2.高等教育ステークホルダーに対するガイドライン

1.政府に対するガイドライン

1)包括性、一貫性及び透明性を備えた質保証枠組みの構築
 政府は、自国の法令等に基づき、学校の種類、学位の種類、授与される学位、中等教育及び職業教育及びその他の非公式教育を含む他の教育制度との接続、いかなる高等教育制度を構成しているのかにつき、明確にすることが不可欠である。加えて、政府は、大学に入学するための国としての必須要件や、学位を取得するための要件、高等教育(資格枠組)における質保証の基準を公表するとともに、高等教育におけるインフォメーションパッケージを準備することが求められる。

2)関係大学に対する交流プログラム参加の促進
 政府は、認められた権限と方針に基づき、各種の資源や手段を通じて、大学が質の保証を伴って交流プログラムを実施することを促し、支持することが求められる。政府はまた、財政面及びその他の手段を通じて、特に立ち上げの段階において、パイロットプログラムを支援するイニシアチブをとるべきである。

3) 質保証機関の活動実施に対する支援
 政府は、財政面及びその他の手段を通じて、質保証機関が、日中韓質保証機関協議会(以降「協議会」と略す)において独自に実施する、質の向上のため積極的な効果の発揮や、関連する活動への支援を促すべきである。

2.関係大学に対するガイドライン

1)内部質保証システムの構築
 関係大学は、交流プログラムの質を保証する効果的な内部質保証システムを構築することが求められる。この点、内部質保証の定義は、教育制度や学内の慣行によって様々であるが、その実施に当たり、以下の点については、三カ国の全ての関係大学において適用される。a)学校教育や教授に関する基本的な情報や、交流プログラムの詳細な情報の公表、b)体系的なカリキュラムを構成するとともに、作成されるシラバスや成績評価の水準や一貫性の維持に然るべき考慮を払うこと、c)包括的な教授システムや十分な管理の下、単位授与、成績評価、単位互換の手続きが国の定める法令等に適合していることを確認すること。

2)交流プログラムの効果的実施
 交流プログラムに参加する大学は、実施上の規則や緊急時の事前対応について明文化しておく必要がある。また、これらの大学は、交流プログラムの重要な事項や詳細について協定を定め、一般に公表し、定期的にフォローアップを行うことが求められる。大学はまた、質の保証に留意しつつ、単位互換システムの構築を模索することが、将来的な日中韓及び東南アジアまでも含む単位の互換や積立にかかるシステムの構築の下地となる点で、重要である。大学はまた、大学と学生の間で、単位互換や学位記の扱い等を含む学習成果が認定されるか否かについて確認し、それによって自国に戻った後に更なる学修を修められるような、「ラーニングアグリメント」を通じた連携大学との協力に対し、教育上の支援を提供することが重要である。

3)良質の学生支援
 全ての関係大学は、学生志向の原則に違うことなく、学生の利益と関心を保証することが必要である。プログラムへの志願者を含む学生に対して、自らのアカデミックキャリアにかかる意志決定のための十分かつ正確な情報源を提供することが重要である。交流プログラムの実施手順や要件は、明確で、透明性があり、理解しやすいものであるべきであり、大学は、留学生が情報サービスや申請サービス、及びその他の相談対応などの各種のサービスを活用でき、自らのアカデミックキャリアを準備できるような「ワンストップサービス」を出来る限り提供することが望まれる。プログラムの実施に当たっては、交流学生に対して、必要な言語訓練や継続的なサポート、「文化交流」のガイダンスや機会を提供することが望まれる。また、より良い支援を提供するため、カウンセラーやTA、ボランティア及びその他学内で利用可能なあらゆる人員を通じ、留学生とのコミュニケーションを確保することが望まれる。

3.質保証機関に対するガイドライン

1)プロセスの明確化と可視化の確保
 三カ国は類似の大学評価の制度を有しながらも、それぞれの国において、質保証機関の役割は異なることを理解することが重要である。この点、質保証機関は、協議会における情報プラットフォームを通じた三カ国の情報交換・共有のための努力を払いつつ、各国それぞれの質保証メカニズムの多様性に留意することが必要である。

2)共同の評価指標や評価活動の検討
 交流プログラムの質保証を広げる一方で、三カ国の質保証機関は、指標システムや評価基準などの共通の実践や特徴に対して注意を払うべきである。これらの質保証機関は、三カ国の大学間交流プログラムにおける共通の指標枠組を検討し、大学評価を共同で実施すべきである。

3)評価員のキャパシティ・ビルディング
 評価活動を担う評価員のキャパシティ・ビルディングは、大学評価の向上に重要な役割を果たしている。国際交流プログラムの観点からは、関係スタッフが、交流プログラムの国境を越えるという特性において十分な知識と経験を有していることが必要である。協議会においては、評価員の交流やキャパシティ・ビルディングを通じて、その成果がキャパシティ・ビルディングのため大学間交流・連携において共有されることが望まれる。

4.その他のステークホルダーに対するガイドライン

 本ガイドラインは、交流プログラムを通じて、東アジア地域の経済発展の潜在的な担い手として、日中韓及び東アジア全体の経済発展と繁栄の観点から広範囲な影響を及ぼし得る、コミュニケーションや就業力を備えた国際的な人材を育成することを目的としている。

 したがって、産業界を含むその他のステークホルダーは、共同コースの開発や、インターンシップの提供、共同研究の実施など、三カ国における大学間交流プログラムに対して必要な支援を提供することが望まれる。

3.附則

1.ガイドラインの位置付け

 本ガイドラインは、2010年12月10日に北京で開催された第二回日中韓大学間交流・連携推進会議における議論に基づき合意されたものである。本テキストは、四カ国語すなわち日本語、中国語、韓国語及び英語で表記される。本テキストにおける解釈上の相違については、英語版による解釈に準拠するものとする。本ガイドラインにおける記述は、会議の合意により変更することができる。全ての関係主体は、交流・連携の実施に当たって、本ガイドラインを参照する権利を有する。高等教育システムはそれぞれの特徴を有しており、本提案のガイドラインは、各国の法令等にいかなる変更を強いることを意図するものではないことに留意が必要である。

2.ガイドラインの普及

 政府は、本ガイドライン及び「キャンパス・アジア」構想について、何ら拘束的なものではないが、国内・国外双方の観点から社会にとって重要なものとして普及するため、努力することが重要である。かかるプロセスを通じて、政府はまた、パイロットプログラムを含む、大学及び質保証機関において実施されたグッドプラクティスを公表することが期待される。

お問合せ先

高等教育局高等教育企画課国際企画室

(高等教育局高等教育企画課国際企画室)

-- 登録:平成23年03月 --