ここからサイトの主なメニューです

平成19年度 大学等設置に係る寄附行為(変更)認可後の財政状況及び施設等整備状況調査 留意事項

別紙

留意事項を付した学校法人 129法人

学校法人名 開設年度 区分 学校名 学部・学科等名 留意事項
愛知淑徳学園 平成16年度 学部増設 愛知淑徳大学 医療福祉学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(愛知淑徳大学文学部図書館情報学科、コミュニケーション学部言語コミュニケーション学科)
平成18年度 研究科の増設 愛知淑徳大学大学院 医療福祉研究科(M)
平成19年度 学部の学科増設 愛知淑徳大学 文学部教育学科
藍野学院 平成16年度 大学新設 藍野大学 医療保健学部
  1. 学校法人の関連当事者との間で多額の資金の貸借及び債務保証が行われており、理事会・評議員会の審議も経ていないことから、債務保証の解消を図るとともに、適切な学校法人運営に努めること。
  2. 学校法人の管理運営に関し、以下の事項について適切に行うこと。
    • 理事の構成が学校法人の関連当事者に偏っていることから、その見直しを図ること。
    • 監事の監査機能の強化を図ること。
    • 事務処理に不備が見られることから、事務処理機能の充実向上を図ること。
暁学園 平成19年度 大学新設 四日市看護医療大学 看護学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(四日市看護医療大学看護学部看護学科)
  2. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(四日市大学経済学部経済学科、環境情報学部環境情報学科、総合政策学部総合政策学科)
芦屋学園 平成17年度 短大の学科増設 芦屋女子短期大学 文化福祉学科
  1. 定員超過の是正に努めること。(芦屋大学臨床教育学部児童教育学科)
市邨学園 平成15年度 学部の学科増設 名古屋経済大学 法学部法学科
  1. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(名古屋経済大学経営学部経営学科、名古屋経済大学短期大学部キャリアデザイン学科)
平成17年度 学部増設 名古屋経済大学 人間生活学部
平成19年度 研究科の増設 名古屋経済大学大学院 人間生活科学研究科(M)
稲置学園 平成19年度 学部増設 金沢星稜大学 人間科学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(金沢星稜大学経済学部一部経済学科)
  2. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(金沢星稜大学経済学部一部現代マネジメント学科)
茨城キリスト教学園 平成16年度 学部増設 茨城キリスト教大学 看護学部
  1. 消費支出に対する教育研究経費の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べ低く、また、近年この割合が低下傾向にあることから、教育研究条件の充実向上に努めること。
宇部学園 平成19年度 大学新設 山口学芸大学 教育学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(山口学芸大学教育学部子ども教育学科)
瓜生山学園 平成19年度 通信教育の開設 京都造形芸術大学大学院 芸術研究科(M)
  1. 定員超過の是正に努めること。(京都造形芸術大学芸術学部情報デザイン学科、空間演出デザイン学科)
大阪工大摂南大学 平成15年度 学部増設 大阪工業大学 知的財産学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(大阪工業大学工学部空間デザイン学科、摂南大学工学部建築学科、経営情報学部経営学科)
平成15年度 学部増設 広島国際大学 看護学部
平成16年度 学部増設 広島国際大学 薬学部
平成17年度 研究科の増設 大阪工業大学大学院 知的財産研究科(P)
平成18年度 研究科の増設 広島国際大学大学院 社会環境科学研究科(M)
大阪女学院 平成16年度 大学新設 大阪女学院大学 国際・英語学部
  1. 消費支出に対する教育研究経費の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べ低く、また、近年この割合が低下傾向にあることから、教育研究条件の充実向上に努めること。
  2. 寄付金について、募集趣意書に任意であることが明記されていないので、明記すること。
大阪電気通信大学 平成15年度 学部の学科増設 大阪電気通信大学 総合情報学部デジタルゲーム学科
  1. 定員超過の是正に努めること。(大阪電気通信大学総合情報学部デジタルアート・アニメーション学科、メディアコンピュータシステム学科)
大谷学園 平成18年度 学部増設 大阪大谷大学 薬学部(6年制)
  1. 定員超過の是正に努めること。(大阪大谷大学文学部日本語日本文学科)
大原学園 平成18年度 大学院大学新設 大原大学院大学 会計研究科(P)
  1. 消費支出に対する教育研究経費の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べ低く、また、近年この割合が低下傾向にあることから、教育研究条件の充実向上に努めること。
  2. 評議員会の運営に関し、以下の事項について適切に行うこと。
    • 理事長は毎会計年度終了後2月以内に、事業の実績を評議員会に報告し、その意見を求めること。
沖縄キリスト教学院 平成16年度 大学新設 沖縄キリスト教学院大学 人文学部
  1. 学年進行中に当初の設置計画が大幅に変更されているので、認可時の計画を確実に履行するとともに、その計画に変更を加えるときは事前に協議すること。
尾張学園 平成16年度 大学新設 愛知新城大谷大学 社会福祉学部
  1. 寄付金について、募集要項等に任意であることが明記されていないので、明記すること。
香川学園 平成19年度 学部増設 宇部フロンティア大学 人間健康学部
  1. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(宇部フロンティア大学人間社会学部福祉心理学科)
学文館 平成16年度 学部増設 上武大学 看護学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(上武大学ビジネス情報学部スポーツマネジメント学科)
加計学園 平成15年度 通信教育の開設 倉敷芸術科学大学 産業科学技術学部、国際教養学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(倉敷芸術科学大学生命科学部健康科学科、生命動物科学科)
平成16年度 大学新設 千葉科学大学 薬学部、危機管理学部
片柳学園 平成15年度 学部増設 東京工科大学 バイオニクス学部、コンピューターサイエンス学部
  1. 消費支出に対する教育研究経費の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べ低く、また、近年この割合が低下傾向にあることから、教育研究条件の充実向上に努めること。
活水学院 平成16年度 学部の学科増設 活水女子大学 健康生活学部生活デザイン学科、子ども学科
  1. 学年進行中に当初の設置計画が大幅に変更されているので、認可時の計画を確実に履行するとともに、その計画に変更を加えるときは事前に協議すること。
関西大学 平成16年度 研究科の増設 関西大学大学院 法務研究科(P)
  1. 定員超過の是正に努めること。(関西大学政策創造学部政策学科、総合情報学部総合情報学科、システム理工学部物理・応用物理学科、環境都市工学部建築学科、都市システム工学科、エネルギー・環境工学科、化学生命工学部化学・物質工学科)
平成18年度 研究科の増設 関西大学大学院 会計研究科(P)
君が淵学園 平成17年度 学部増設 崇城大学 薬学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(崇城大学生物生命学部応用生命科学科)
京都橘学園 平成17年度 学部増設 京都橘大学 看護学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(京都橘大学文学部日本語日本文学科、児童教育学科)
京都文教学園 平成16年度 学部の学科増設 京都文教大学 人間学部現代社会学科
  1. 定員超過の是正に努めること。(京都文教大学人間学部現代社会学科)
共立女子学園 平成16年度 短大の学科増設 共立女子短期大学 看護学科(3年制)
  1. 欠員中の理事・評議員を速やかに補充すること。
  2. 定員超過の是正に努めること。(共立女子大学国際学部国際学科)
金城学院 平成17年度 学部増設 金城学院大学 薬学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(金城学院大学文学部英語英米文化学科)
金城学園 平成19年度 学部増設 金城大学 医療健康学部
  1. 白山市からの補助金等については、確実に収納し、その旨を報告すること。
  2. 定員超過の是正に努めること。(金城大学短期大学部ビジネス実務学科)
桑沢学園 平成17年度 大学院新設 東京造形大学大学院 造形研究科(M)
  1. 学生生徒等納付金に対する経常的経費支出の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べて低いことから、同納付金の学生への還元に努めること。
群馬パース学園 平成17年度 大学新設 群馬パース大学 保健科学部
  1. 消費支出に対する教育研究経費の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べ低く、また、近年この割合が低下傾向にあることから、教育研究条件の充実向上に努めること。
甲南学園 平成16年度 研究科の増設 甲南大学大学院 法学研究科(P)
  1. 決算に関する理事会及び評議員会の運営を適切に行うこと。
平成18年度 研究科の増設 甲南大学大学院 ビジネス研究科(P)
国際学園 平成16年度 大学新設 星槎大学 共生科学部(通信教育部)
  1. 欠員中の評議員を速やかに補充すること。
  2. 評議員の選任方法に誤りがあるので、寄附行為の規定に基づき適切に行うこと。
  3. 会計処理に当たっては、学校法人会計基準に則し、適正に処理すること。
越原学園 平成17年度 短大の学科増設 名古屋女子大学短期大学部 保育学科
  1. 定員超過の是正に努めること。(名古屋女子大学短期大学部生活学科生活情報専攻)
五島育英会 平成16年度 短大の学科増設 東横学園女子短期大学 保育学科(3年制)
  1. 定員超過の是正に努めること。(武蔵工業大学知識工学部情報科学科、情報ネットワーク工学科)
駒澤大学 平成15年度 学部増設 駒澤大学 医療健康学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(駒澤大学文学部英米文学科、歴史学科、心理学科、経済学部現代応用経済学科、グローバル・メディア・スタディーズ学部グローバル・メディア学科)
  2. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(苫小牧駒澤大学国際文化学部国際文化学科、国際コミュニケーション学科)
平成16年度 研究科の増設 駒澤大学大学院 法曹養成研究科(P)
平成18年度 学部増設 駒澤大学 グローバル・メディア・スタディーズ学部
平成19年度 研究科の増設 駒澤大学大学院 医療健康科学研究科(M)
コンピュータ総合学園 平成17年度 大学院大学新設 神戸情報大学院大学 情報技術研究科(P)
  1. 学生生徒等納付金に対する経常的経費支出の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べて低いことから、同納付金の学生への還元に努めること。
札幌大谷学園 平成18年度 大学新設 札幌大谷大学 音楽学部
  1. 決算に関する理事会及び評議員会の運営を適切に行うこと。
四国大学 平成18年度 研究科の増設 四国大学大学院 人間生活科学研究科(M)
  1. 定員超過の是正に努めること。(四国大学文学部日本文学科)
  2. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(四国大学文学部書道文化学科、英語文化学科、四国大学短期大学部生活科学科生活デザイン専攻)
四国高松学園 平成18年度 学部増設 高松大学 発達科学部
  1. 欠員中の評議員を速やかに補充すること。
  2. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(高松大学経営学部経営学科、高松短期大学音楽科、秘書科)
十文字学園 平成16年度 学部の学科増設 十文字学園女子大学 人間生活学部人間発達心理学科
  1. 消費支出に対する教育研究経費の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べ低く、また、近年この割合が低下傾向にあることから、教育研究条件の充実向上に努めること。
  2. 定員超過の是正に努めること。(十文字学園女子大学人間生活学部人間発達心理学科)
夙川学院 平成19年度 大学新設 神戸夙川学院大学 観光文化学部
  1. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(夙川学院短期大学家政学科、美術・デザイン学科、人間コミュニケーション学科)
純真学園 平成18年度 短大の学科増設 純真女子短期大学 こども学科
  1. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(純真短期大学こども学科、現代コミュニケーション学科、埼玉純真短期大学乳幼児保育学科第二部)
順天堂 平成16年度 学部増設 順天堂大学 医療看護学部
  1. 学校債について、募集趣意書に任意であることが明記されていないので、明記すること。
平成19年度 研究科の増設 順天堂大学大学院 医療看護学研究科(M)
尚絅学院 平成15年度 大学新設 尚絅学院大学 総合人間科学部
  1. 消費支出に対する教育研究経費の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べ低く、また、近年この割合が低下傾向にあることから、教育研究条件の充実向上に努めること。
  2. 定員超過の是正に努めること。(尚絅学院大学総合人間科学部表現文化学科)
平成19年度 学部の学科増設 尚絅学院大学 総合人間科学部現代社会学科
平成19年度 大学院新設 尚絅学院大学大学院 総合人間科学研究科(M)
城西医療学園 平成19年度 大学新設 日本医療科学大学 保健医療学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(日本医療科学大学保健医療学部リハビリテーション学科作業療法学専攻)
城西大学 平成16年度 学部増設 城西国際大学 薬学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(城西大学経営学部マネジメント総合学科)
城南学園 平成18年度 大学新設 大阪総合保育大学 児童保育学部
  1. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(大阪城南女子短期大学人間福祉学科)
尚美学園 平成18年度 研究科の増設 尚美学園大学大学院 芸術情報研究科(M)
  1. 学年進行中に当初の設置計画が大幅に変更されているので、認可時の計画を確実に履行するとともに、その計画に変更を加えるときは事前に協議すること。
昭和女子大学 平成15年度 学部増設 昭和女子大学 人間社会学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(昭和女子大学人間文化学部日本語日本文学科、人間社会学部現代教養学科)
平成18年度 学部の学科増設 昭和女子大学 人間社会学部初等教育学科
白梅学園 平成17年度 大学新設 白梅学園大学 子ども学部
  1. 消費支出に対する教育研究経費の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べ低く、また、近年この割合が低下傾向にあることから、教育研究条件の充実向上に努めること。
神野学園 平成18年度 大学新設 岐阜医療科学大学 保健科学部
  1. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(中日本自動車短期大学自動車工学科)
駿河台大学 平成15年度 学部の学科増設 駿河台大学 現代文化学部心理学科
  1. 欠員中の理事、評議員を速やかに補充すること。
平成16年度 研究科の増設 駿河台大学大学院 法務研究科(P)
聖学院 平成18年度 研究科の増設 聖学院大学大学院 人間福祉学研究科(M)
  1. 定員超過の是正に努めること。(聖学院大学政治経済学部政治経済学科)
成城学園 平成17年度 学部増設 成城大学 社会イノベーション学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(成城大学文芸学部ヨーロッパ文化学科)
  2. 学年進行中に当初の設置計画が大幅に変更されているので、認可時の計画を確実に履行するとともに、その計画に変更を加えるときは事前に協議すること。
西南学院 平成16年度 研究科の増設 西南学院大学大学院 法務研究科(P)
  1. 消費支出に対する教育研究経費の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べ低く、また、近年この割合が低下傾向にあることから、教育研究条件の充実向上に努めること。
専修大学 平成16年度 研究科の増設 専修大学大学院 法務研究科(P)
  1. 定員超過の是正に努めること。(石巻専修大学理工学部生物生産工学科)
栴檀学園 平成18年度 学部増設 東北福祉大学 健康科学部、子ども科学部
  1. 大学等における教育研究活動を将来にわたり継続かつ安定して行うことができるよう、策定した資金計画等を確実に履行すること。
相愛学園 平成18年度 学部増設 相愛大学 人間発達学部
  1. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(相愛大学人文学部英米文化学科)
大乗淑徳学園 平成15年度 学部の学科増設 淑徳大学 国際コミュニケーション学部人間環境学科
経営コミュニケーション学科
  1. 定員超過の是正に努めること。(淑徳大学国際コミュニケーション学部経営コミュニケーション学科)
平成19年度 学部増設 淑徳大学 看護学部
大東文化学園 平成16年度 研究科の増設 大東文化大学大学院 法務研究科(P)
  1. 学年進行中に当初の設置計画が大幅に変更されているので、認可時の計画を確実に履行するとともに、その計画に変更を加えるときは事前に協議すること。
平成17年度 学部増設 大東文化大学 スポーツ・健康科学部
高崎佐藤学園 平成18年度 大学院新設 高崎商科大学大学院 流通システム研究科(M)
  1. 定員超過の是正に努めること。(高崎商科大学短期大学部現代ビジネス学科)
高梁学園 平成15年度 学部増設 九州保健福祉大学 薬学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(吉備国際大学社会学部スポーツ社会学科)
  2. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(吉備国際大学政策マネジメント学部知的財産マネジメント学科、環境リスクマネジメント学科、順正短期大学保健科保健福祉専攻)
平成16年度 学部増設 吉備国際大学 政策マネジメント学部
平成17年度 研究科の増設 吉備国際大学大学院 文化財保存修復学研究科(M)
平成18年度 研究科の増設 吉備国際大学大学院 国際協力研究科(M)
玉川学園 平成15年度 学部の学科増設 玉川大学 文学部リベラルアーツ学科、教育学部乳幼児発達学科
  1. 定員超過の是正に努めること。(玉川大学経営学部観光経営学科)
平成17年度 大学院新設 玉川大学大学院 マネジメント研究科(M)
玉手山学園 平成15年度 学部増設 関西福祉科学大学 健康福祉学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(関西福祉科学大学社会福祉学部臨床心理学科、関西女子短期大学保健科)
平成15年度 学部の学科増設 関西福祉科学大学 社会福祉学部臨床心理学科
田村学園 平成19年度 学部増設 多摩大学 グローバルスタディーズ学部
  1. 学年進行中に当初の設置計画が大幅に変更されているので、認可時の計画を確実に履行するとともに、その計画に変更を加えるときは事前に協議すること。
茶屋四郎次郎記念学園 平成17年度 学部の学科増設・通信教育の開設 東京福祉大学 社会福祉学部保育児童学科
  1. 学年進行中に当初の設置計画が大幅に変更されているので、認可時の計画を確実に履行するとともに、その計画に変更を加えるときは事前に協議すること。
平成18年度 短大新設 東京福祉大学短期大学部 こども学科(3年制)
平成19年度 通信教育の開設 東京福祉大学短期大学部 こども学科(3年制)
中央大学 平成16年度 研究科の増設 中央大学大学院 法務研究科(P)
  1. 定員超過の是正に努めること。(中央大学理工学部情報工学科、総合政策学部国際政策文化学科)
中国学園 平成18年度 学部増設 中国学園大学 子ども学部
  1. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(中国短期大学音楽科)
平成18年度 大学院新設 中国学園大学大学院 現代生活学研究科(M)
中部大学 平成16年度 研究科の増設 中部大学大学院 国際人間学研究科(M、D)
  1. 定員超過の是正に努めること。(中部大学応用生物学部応用生物化学科、環境生物科学科)
平成17年度 研究科の増設 中部大学大学院 応用生物学研究科(M)
平成18年度 学部増設 中部大学 生命健康科学部
都築インターナショナル学園 平成16年度 大学新設 日本薬科大学 薬学部
  1. 理事会に教学側の意見が適切に反映し得る体制について検討すること。
  2. 学年進行中に当初の設置計画が大幅に変更されているので、認可時の計画を確実に履行するとともに、その計画に変更を加えるときは事前に協議すること。
  3. 事務処理に遅延や不備が見られることから、事務処理機能の充実向上を図り、適切な学校法人運営に努めること。
  4. 消費支出に対する教育研究経費の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べ低いことから、教育研究条件の充実向上に努めること。
都築第一学園 平成18年度 大学新設 横浜薬科大学 薬学部(6年制)
  1. 定員超過の是正に努めること。(横浜薬科大学薬学部臨床薬学科)
帝京科学大学 平成19年度 学部増設 帝京科学大学 医療科学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(帝京科学大学生命環境学部アニマルサイエンス学科)
帝京大学 平成16年度 学部増設 帝京大学 医療技術学部
  1. 評議員の構成が特定の親族に偏っているので、その構成の見直しについて検討すること。
  2. 定員超過の是正に努めること。(帝京大学経済学部経営学科、文学部日本文化学科)
平成18年度 研究科の増設 帝京大学大学院 医療技術学研究科(M、D)
平成19年度 通信教育の開設 帝京大学 理工学部情報科学科
平成19年度 通信教育の開設 帝京大学大学院 理工学研究科(M)
帝京平成大学 平成16年度 学部増設 帝京平成大学 薬学部
  1. 学生生徒等納付金に対する経常的経費支出の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べて低いことから、同納付金の学生への還元に努めること。
  2. 定員超過の是正に努めること。(帝京平成大学現代ライフ学部経営マネージメント学科、健康メディカル学部理学療法学科)
帝塚山学院 平成15年度 学部の学科増設 帝塚山学院大学 文学部コミュニケーション学科
  1. 評議員の現員が理事の現員の2倍を超えていないことから、理事及び評議員の選任を適切に行うこと。
帝塚山学園 平成16年度 学部増設 帝塚山大学 現代生活学部
  1. 学年進行中に当初の設置計画が大幅に変更されているので、認可時の計画を確実に履行するとともに、その計画に変更を加えるときは事前に協議すること。
天満学園 平成15年度 学部増設 太成学院大学 人間学部
  1. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(太成学院大学総合経営学部経営経済学科)
平成19年度 学部増設 太成学院大学 看護学部
桐蔭学園 平成16年度 研究科の増設 桐蔭横浜大学大学院 法務研究科(P)
  1. 消費支出に対する教育研究経費の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べ低く、また、近年この割合が低下傾向にあることから、教育研究条件の充実向上に努めること。
東海大学 平成15年度 学部の学科増設 北海道東海大学 芸術工学部くらしデザイン学科
  1. 定員超過の是正に努めること。(東海大学理学部数学科)
  2. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(東海大学情報デザイン工学部情報システム学科、開発工学部情報通信工学科、物質化学科、海洋学部海洋建設工学科、環境情報工学科、船舶海洋工学科、北海道東海大学国際文化学部コミュニケーション学科、工学部情報システム学科、芸術工学部くらしデザイン学科、東海大学福岡短期大学情報処理学科、国際文化学科)
平成16年度 研究科の増設 東海大学大学院 実務法学研究科(P)
平成17年度 研究科の増設 北海道東海大学大学院 国際地域学研究科(M)
平成19年度 研究科の増設 東海大学大学院 人間環境学研究科(M)
組込み技術研究科(P)
東京工芸大学 平成15年度 学部の学科増設 東京工芸大学 芸術学部アニメーション学科
  1. 評議員の現員が理事の現員の2倍を超えていないことから、理事及び評議員の選任を適切に行うこと。
  2. 定員超過の是正に努めること。(東京工芸大学工学部建築学科、コンピュータ応用学科、芸術学部映像学科、デザイン学科、マンガ学科)
東京聖徳学園 平成15年度 学部の学科増設 聖徳大学 人文学部外国語学科
  1. 定員超過の是正に努めること。(聖徳大学人文学部社会福祉学科昼間主コース)
平成16年度 研究科の増設 聖徳大学大学院 臨床心理学研究科(M、D)
東京理科大学 平成18年度 大学院新設 諏訪東京理科大学大学院 工学・マネジメント研究科(M)
  1. 定員超過の是正に努めること。(東京理科大学理工学部建築学科、基礎工学部電子応用工学科)
  2. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(山口東京理科大学基礎工学部電子・情報工学科)
同志社 平成16年度 研究科の増設 同志社大学大学院 司法研究科(P)
  1. 定員超過の是正に努めること。(同志社女子大学薬学部医療薬学科)
平成17年度 学部増設 同志社大学 文化情報学部
平成17年度 学部増設 同志社女子大学 薬学部
平成19年度 研究科の増設 同志社大学大学院 文化情報学研究科(M、D)
東放学園大学 平成18年度 法人新設・大学院大学新設 映画専門大学院大学 映画プロデュース研究科(P)
  1. 学年進行中に当初の設置計画が大幅に変更されているので、認可時の計画を確実に履行するとともに、その計画に変更を加えるときは事前に協議すること。
  2. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(映画専門大学院大学大学院映画プロデュース研究科)
  3. 予算について、年度開始前にあらかじめ評議員会の意見を聞いて理事会が決定する手続きがなされていないことから、予算編成手続きを適切に行うとともに、適切な学校法人運営に努めること。
東北学院 平成16年度 研究科の増設 東北学院大学大学院 法務研究科(P)
  1. 欠員中の理事・監事を速やかに補充すること。
  2. 定員超過の是正に努めること。(東北学院大学教養学部人間科学科、情報科学科、地域構想学科)
東洋大学 平成16年度 研究科の増設 東洋大学大学院 法務研究科(P)
  1. 定員超過の是正に努めること。(東洋大学ライフデザイン学部人間環境デザイン学科)
平成17年度 学部増設 東洋大学 ライフデザイン学部
平成18年度 学部の学科増設 東洋大学 ライフデザイン学部人間環境デザイン学科
研究科の増設 東洋大学大学院 福祉社会デザイン研究科(M、D)
常磐会学園 平成18年度 学部の学科増設 常磐会学園大学 国際コミュニケーション学部国際幼児児童教育学科
  1. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(常磐会学園大学国際コミュニケーション学部国際コミュニケーション学科)
常葉学園 平成17年度 学部新設 浜松大学 健康プロデュース学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(常葉学園大学教育学部生涯学習学科)
平成18年度 学部増設 富士常葉大学 保育学部
平成18年度 大学院新設 富士常葉大学大学院 環境防災研究科(M)
獨協学園 平成16年度 研究科の増設 姫路獨協大学大学院 法務研究科(P)
  1. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(姫路獨協大学外国語学部ドイツ語学科、英語学科、中国語学科、スペイン語学科、韓国語学科)
平成16年度 研究科の増設 獨協大学大学院 法務研究科(P)
平成18年度 学部増設 姫路獨協大学 医療保健学部
平成19年度 学部増設 獨協医科大学 看護学部
平成19年度 学部増設 姫路獨協大学 薬学部(6年制)
豊田学園 平成19年度 短大新設 岐阜保健短期大学 看護学科(3年制)
  1. 学生生徒等納付金に対する経常的経費支出の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べて低いことから、同納付金の学生への還元に努めること。
中西学園 平成17年度 学部増設 名古屋学芸大学 ヒューマンケア学部
  1. 消費支出に対する教育研究経費の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べ低く、また、近年この割合が低下傾向にあることから、教育研究条件の充実向上に努めること。
平成18年度 大学院新設 名古屋学芸大学大学院 栄養学研究科(M)
メディア造形研究科(M)
永原学園 平成19年度 学部増設 西九州大学 リハビリテーション学部
  1. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(佐賀短期大学生活福祉学科、くらし環境学科)
名護総合学園 平成17年度 学部増設 名桜大学 人間健康学部
  1. 学年進行中に当初の設置計画が大幅に変更されているので、認可時の計画を確実に履行するとともに、その計画に変更を加えるときは事前に協議すること。
平成19年度 学部の学科増設 名桜大学 人間健康学部看護学科
南山学園 平成16年度 研究科の増設 南山大学大学院 数理情報研究科(M、D)
法務研究科(P)
  1. 決算に関する理事会及び評議員会の運営を適切に行うこと。
新潟青陵学園 平成18年度 大学院新設 新潟青陵大学大学院 臨床心理学研究科(M)
  1. 消費支出に対する教育研究経費の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べ低く、また、近年この割合が低下傾向にあることから、教育研究条件の充実向上に努めること。
  2. 決算に関する理事会及び評議員会の運営を適切に行うこと。
新潟総合学園 平成17年度 大学院新設 新潟医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科(M)
  1. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(事業創造大学院大学大学院事業創造研究科)
平成18年度 大学院大学新設 事業創造大学院大学 事業創造研究科(P)
新田塚学園 平成18年度 組織変更・短大新設 福井医療短期大学 看護学科(3年制)
リハビリテーション学科(3年制)
  1. 学年進行中に当初の設置計画が大幅に変更されているので、認可時の計画を確実に履行するとともに、その計画に変更を加えるときは事前に協議すること。
日通学園 平成17年度 研究科の増設 流通経済大学大学院 法学研究科(M)
  1. 定員超過の是正に努めること。(流通経済大学スポーツ健康科学部スポーツ健康科学科)
平成18年度 学部増設 流通経済大学 スポーツ健康科学部
日本歯科大学 平成17年度 短大新設 日本歯科大学東京短期大学 歯科技工学科
歯科衛生学科(3年制)
  1. 消費支出に対する教育研究経費の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べ低く、また、近年この割合が低下傾向にあることから、教育研究条件の充実向上に努めること。
日本女子大学 平成19年度 通信教育の開設 日本女子大学大学院 家政学研究科(M)
  1. 定員超過の是正に努めること。(日本女子大学文学部史学科、理学部数物科学科)
日本赤十字学園 平成16年度 大学新設 日本赤十字豊田看護大学 看護学部
  1. 学年進行中に当初の設置計画が大幅に変更されているので、認可時の計画を確実に履行するとともに、その計画に変更を加えるときは事前に協議すること。
平成19年度 大学院新設 日本赤十字九州国際看護大学大学院 看護学研究科(M)
ノートルダム清心学園 平成15年度 学部の学科増設 ノートルダム清心女子大学 文学部現代社会学科
  1. 定員超過の是正に努めること。(ノートルダム清心女子大学人間生活学部人間生活学科)
光産業創成大学院大学 平成17年度 大学院大学新設 光産業創成大学院大学 光産業創成研究科(D)
  1. 評議員の現員が理事の定数の2倍を超えていないことから、速やかに評議員を選任し、適切な学校法人運営に努めること。
福岡工業大学 平成19年度 研究科の増設 福岡工業大学大学院 社会環境学研究科(M)
  1. 定員超過の是正に努めること。(福岡工業大学工学部知能機械工学科、電気工学科)
福岡大学 平成16年度 研究科の増設 福岡大学大学院 法曹実務研究科(P)
  1. 定員超過の是正に努めること。(福岡大学人文学部英語学科、東アジア地域言語学科)
平成19年度 学部の学科増設 福岡大学 医学部看護学科
人文学部教育・臨床心理学科
福原学園 平成18年度 学部増設 九州共立大学 スポーツ学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(九州共立大学スポーツ学部スポーツ学科)
  2. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(九州共立大学工学部建築学科)
福山大学 平成19年度 学部増設 福山平成大学 看護学部
  1. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(福山大学工学部電子・電気工学科、情報工学科、機械システム工学科、生命工学部生物工学科、福山平成大学経営学部経営情報学科)
平成19年度 研究科の増設 福山大学大学院 人間科学研究科(M)
船田教育会 平成18年度 研究科の増設 作新学院大学大学院 心理学研究科(M)
  1. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(作新学院大学経営学部経営学科)
文化学園 平成18年度 大学院大学新設 文化ファッション大学院大学 ファッションビジネス研究科(P)
  1. 定員超過の是正に努めること。(文化女子大学服装学部服装造形学科、現代文化学部国際ファッション文化学科)
  2. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(文化女子大学現代文化学部健康心理学科、文化女子大学短期大学部生活造形学科、文化ファッション大学院大学大学院ファッションビジネス研究科)
文京学園 平成18年度 学部増設 文京学院大学 保健医療技術学部
  1. 予算に関する理事会及び評議員会の運営を適切に行うこと。
別府大学 平成18年度 研究科の増設 別府大学大学院 食物栄養科学研究科(M)
  1. 欠員中の理事、評議員を速やかに補充すること。
朴沢学園 平成15年度 学部の学科増設 仙台大学 体育学部運動栄養学科
  1. 定員超過の是正に努めること。(仙台大学体育学部体育学科)
法政大学 平成15年度 学部増設 法政大学 キャリアデザイン学部
  1. 定員超過の是正に努めること。(法政大学文学部日本文学科、経済学部現代ビジネス学科、デザイン工学部建築学科、都市環境デザイン工学科、システムデザイン学科)
平成15年度 学部の学科増設 法政大学 文学部第一部心理学科、経営学部経営戦略学科、市場経営学科
平成16年度 研究科の増設 法政大学大学院 法務研究科(P)
峯徳学園 平成17年度 学部の学科増設 埼玉学園大学 人間学部幼児発達学科
  1. 消費支出に対する教育研究経費の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べ低く、また、近年この割合が低下傾向にあることから、教育研究条件の充実向上に努めること。
北都健勝学園 平成19年度 大学院大学新設 新潟リハビリテーション大学院大学 リハビリテーション研究科(M)
  1. 学生生徒等納付金に対する経常的経費支出の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べて低いことから、同納付金の学生への還元に努めること。
堀井学園 平成19年度 短大の学科増設 横浜創英短期大学 看護学科(3年制)
  1. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(横浜創英短期大学情報学科)
堀越学園 平成16年度 大学新設 創造学園大学 創造芸術学部、ソーシャルワーク学部
  1. 寄附行為に私立学校法と齟齬のある規定があることから、学生募集停止により既に学生がいない高崎芸術短期大学の廃止も含め、速やかに寄附行為の見直しを行い、適切な学校法人運営に努めること。
  2. 予算額と決算額の差異が大きいことから、予算執行管理について適切に行うとともに、適切な学校法人運営に努めること。
  3. 消費支出に対する教育研究経費の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べ低く、また、近年この割合が低下傾向にあることから、教育研究条件の向上に努めること。
  4. 役員変更の届出が遅延しており、未だ履行されていないので、速やかに行うこと。
松商学園 平成19年度 学部増設 松本大学 人間健康学部
  1. 松本市からの補助金等については、確実に収納し、その旨を報告すること。
美作学園 平成17年度 大学院新設 美作大学大学院 生活科学研究科(M)
  1. 定員超過の是正に努めること。(美作大学生活科学部児童学科、美作大学短期大学部幼児教育学科)
睦学園 平成18年度 学部の学科増設 兵庫大学 健康科学部看護学科
  1. 入学定員比の平均が0.7倍未満となっていることから、今後の定員充足の在り方について検討すること。(兵庫大学短期大学部美術デザイン学科第一部、第三部)
名城大学 平成15年度 学部増設 名城大学 人間学部
  1. 決算に関する理事会及び評議員会の運営を適切に行うこと。
  2. 定員超過の是正に努めること。(名城大学法学部法学科)
平成16年度 研究科の増設 名城大学大学院 法務研究科(P)
平成18年度 研究科の増設 名城大学大学院 大学・学校づくり研究科(M)
明星学苑 平成18年度 研究科の増設 明星大学大学院 経済学研究科(M)
  1. 定員超過の是正に努めること。(いわき明星大学人文学部心理学科)
平成19年度 学部増設 いわき明星大学 薬学部(6年制)
森ノ宮医療学園 平成19年度 大学新設 森ノ宮医療大学 保健医療学部
  1. 学生生徒等納付金に対する経常的経費支出の割合が同系統の大学等を設置する学校法人に比べて低いことから、同納付金の学生への還元に努めること。
  2. 定員超過の是正に努めること。(森ノ宮医療大学保健医療学部理学療法学科)
ヤマザキ学園 平成16年度 短大新設 ヤマザキ動物看護短期大学 動物看護学科(3年制)
  1. 寄付金について、募集要項等に任意であることが明記されていないので、明記すること。
立教学院 平成16年度 研究科の増設 立教大学大学院 法務研究科(P)
  1. 寄付金について、募集要項等に任意であることが明記されていないので、明記すること。
立命館 平成16年度 研究科の増設 立命館大学大学院 法務研究科(P)
  1. 欠員中の理事、評議員を速やかに補充すること。
平成18年度 研究科の増設 立命館大学大学院 経営管理研究科(P)
龍谷大学 平成15年度 学部の学科増設 龍谷大学 理工学部情報メディア学科
  1. 定員超過の是正に努めること。(龍谷大学理工学部機械システム工学科、物質化学科)
平成15年度 学部の学科増設 龍谷大学 理工学部環境ソリューション工学科
平成17年度 研究科の増設 龍谷大学大学院 法務研究科(P)
早稲田大学 平成15年度 学部増設 早稲田大学 スポーツ科学部
  1. 学年進行中に当初の設置計画が大幅に変更されているので、認可時の計画を確実に履行するとともに、その計画に変更を加えるときは事前に協議すること。
  2. 定員超過の是正に努めること。(早稲田大学教育学部教育学科、複合文化学科)
平成15年度 学部の学科増設 早稲田大学 理工学部電気・情報生命工学科、コンピュータ・ネットワーク工学科
人間科学部人間環境科学科、健康福祉学科、人間情報科学科
平成15年度 通信教育の開設 早稲田大学 人間科学部
平成16年度 研究科の増設 早稲田大学大学院 法務研究科(P)
平成17年度 研究科の増設 早稲田大学大学院 会計研究科(P)
渡辺学園 平成15年度 学部の学科増設 東京家政大学 家政学部造形表現学科
  1. 欠員中の評議員を速やかに補充すること。
  • (注)学校・学部・学科等の名称は、設置認可時のものである。

-- 登録:平成21年以前 --