ここからサイトの主なメニューです

身体上の障害等にかかる特別措置

 身体上の障害等により、受験の際に特別措置を希望する方は、通常の出願書類にあわせて、「高等学校卒業程度認定試験身体障害者等受験特別措置申請書」及び「医師の診断書」の提出が必要となります。提出された書類を基に、文部科学省で審査を行い、特別措置を決定します。

  特別措置の対象者及び対応する特別措置
 
視覚障害
  点字による教育を受けている方

「点字による解答(時間1.5倍)(別室)」と視覚障害に関するその他の措置

※出題は点字により行います。

良い方の眼の矯正視力が0.15未満の方
両眼による視野について視能率による損失率が90パーセント以上の方
「文字による解答(時間1.3倍)(別室)」と視覚障害に関するその他の措置
上記以外の視覚障害者
「点字による解答(時間1.5倍)(別室)」及び「文字による解答(時間1.3倍)(別室)」以外の視覚障害に関する措置
聴覚障害
  両耳の平均聴力レベルが100デシベル以上の方
上記以外の聴覚障害者
聴覚障害に関する措置
肢体不自由
  体幹の機能障害により座位を保つことができない者又は困難な方
両上肢の機能障害が著しい方
「チェックによる解答(時間1.3倍)(別室)」と肢体不自由に関するその他の措置
上記以外で解答用紙にマークすることが困難な方(1.3倍の試験時間延長に該当する程度の障害ではないが、一般の解答用紙にマークすることが困難であると認められる方)
「チェックによる解答(別室)」と肢体不自由に関するその他の措置
上記以外の肢体不自由者
「チェックによる解答」以外の肢体不自由に関する措置
病弱
  慢性の疾患や病気等の症状により、継続して医療又は生活規制を必要とする方又はこれに準ずる方 
「別室の設定(2人~10人の少人数)」「試験室を1階に設定」「杖の持参使用」「試験室入り口までの付添者の同伴」「試験場への乗用車での入構」

その他

(精神疾患を含む)

  上記以外で特別措置を必要とする方
「別室の設定(2人~10人の少人数)」「トイレに近接する試験室に指定」等
 

 

 


  特別措置に必要な書類
  高等学校卒業程度認定試験身体障害者等受験特別措置申請書
  医師の診断書(視覚障害、肢体不自由を理由とする申請の場合は様式が異なります。受験案内を確認してください。)
     

  特別措置申請後について

 

     審査の結果、受験にかかる特別措置が認められた場合は、受験票等とは別に、特別措置の決定通知を出願者に送付します。試験当日は、特別措置の決定通知を持参してください。

 

 

  特別措置申請の注意事項

 

 出願期間後の特別措置申請は受け付けません。(不慮の傷病を除く)     
 

 医師の診断書が発行されない場合、特別措置の受付ができません。(杖の使用等を除く)              
 

 視覚障害の方、肢体不自由の方は、診断書の様式が異なりますので、受験案内を確認してください。その他の方は任意の様式で構いません。

 点字による解答を希望する方は、診断書の代わりに身体障害者手帳の写しでも構いません。

 

 「別室の設定」とは、原則、2人以上10人以下の複数人数の試験室となります。

 

 

 「個室(受験者1人の試験室)」の設定は、試験時間の延長対象の方(「点字による回答(1.5倍)」、「チェックによる回答(1.3倍)」、「文字による回答(1.3倍)」)又は真にやむを得ない理由がある方(免疫力が低下しているため、生命の危険が考えられる方等)のみとなります。 

 やむを得ない理由により個室を希望する場合は、申請書の「上記以外の希望措置」欄に記載してください。

 

 会場の都合により、御希望にそえない場合もあります。

 

 

(生涯学習政策局生涯学習推進課)

(生涯学習政策局生涯学習推進課)

-- 登録:平成21年以前 --