ここからサイトの主なメニューです

設置計画履行状況等調査とは

1 目的

大学の設置等の認可や届出の後において、認可又は届出時の留意事項への対応状況、学生の入学状況及び教員の就任状況など設置計画の履行状況等についての報告を求め、その状況に応じて必要な指導・助言を行うことにより、設置計画の確実な履行を担保する。

2 根拠

○ 大学の設置等の認可の申請及び届出に係る手続等に関する規則(抄)
      (平成18年3月31日 文部科学省令第12号)
   
(履行状況についての報告等)
    第14条 文部科学大臣は、設置計画及び留意事項の履行の状況を確認するため必要があると認めるときは、認可を受けた者又は届出を行った者に対し、その設置計画及び留意事項の履行の状況について報告を求め、又は調査を行うことができる。


○ 大学設置基準第53条の規定に基づき、新たに大学等を設置し、又は薬学を履修する課程の修業年限を変更する場合の教員組織、校舎等の施設及び設備の段階的な整備について定める件(抄)
      (平成15年3月31日 文部科学省告示第44号)
    1 (略)
    2 (略)
    3 文部科学大臣は、大学等の設置を認可した後、当該認可時における留意事項、授業科目の開設状況、教員組織の整備状況その他の年次計画の履行状況について報告を求め、必要に応じ、書類、面接又は実地により調査することができるものとする。
大学院 = 告示第50号(平成15年3月31日)
短期大学 = 告示第52号(平成15年3月31日)

3 調査の付託委員会

設置計画履行状況等調査委員会(大学設置分科会運営規則第5条の2)

4 調査の実施方法等

(1)調査対象

  1. 大学等(大学及び高等専門学校)の設置認可を受けたもの
  2. 大学等の学部等で設置の認可を受けたものまたは届出を行ったもの
  3. 私立の大学等の収容定員増加の認可を受けたもので、充足状況が著しく不適切なもの

(2)調査期間

原則として開設年度の始まりから完成年度の終わりまで。ただし、本調査において改善意見、是正意見又は警告が付されている場合にはこの限りでない。

(3)調査方法

  1. 各大学から提出された設置計画履行状況報告書等に基づき、悉皆の「書面調査」を実施。
  2. 書面調査の結果、必要に応じ「面接調査」又は「実地調査」を実施。

5 調査の結果

設置計画履行状況等調査委員会による調査結果を大学設置・学校法人審議会に報告し、審議会において審議。その結果、改善意見、是正意見及び警告を付すこととされたものについては当該大学に通知するとともに、公表。

お問合せ先

高等教育局高等教育企画課大学設置室

(高等教育局高等教育企画課大学設置室)

-- 登録:平成27年02月 --