ここからサイトの主なメニューです

選定取組の概要及び選定理由(長野工業高等専門学校)

大学等名 長野工業高等専門学校 整理番号 20131
テーマ番号 5 テーマ名 人材交流による産学連携教育
取組名称 地域企業と取組む長期インターンシップ制度
取組担当者名 中澤 達夫
(取組の概要)
 平成15年から着手した15週間の学外実習(インターンシップ)について、広く企業等に広報・周知して、地域企業等を中心に産学一体となった取組としての展開を図るとともに、学生自身に社会参加の意識をより強くもたせることのできる内容としてさらに充実するために、以下のことを実施する。
  • 長期インターンシップシンポジウムの開催:
     長期であることの利点を生かし、受講学生と地域企業の双方が納得できる充実した内容とするための仕組みづくりと広報。
  • 学生による事前企業訪問の実施及び実習終了後の成果発表会開催:
     企業の提示する実習テーマと学生の希望との摺合せのための、テーマ選定と実施支援。
  • モデルカリキュラムの設定及び評価委員会による評価:
     学生が、社会性を身に付ける意味でも実効のある長期インターンシップを行うことを可能にする方策を検討。
(選定理由)
 高等専門学校において15週にわたる長期のインターンシップに取り組む意欲的なプログラムです。15週間という期間は、企業の研究開発スケジュールや学校暦の1セメスターの期間という両者を勘案して設定されており、その点では新規性が高いものです。
 また、15週間という長期のプログラムを如何に実効性のあるものとするかという点について、考えられる手段を最善の形で積み上げて地道に着実に実行しようとするものです。また、受入企業を増加させるために地元企業との連携をはじめとした仕組みづくりについても、その姿勢と実現のための手法がきめ細かく現実的です。
 今後、本取組を進める上で、期間が長期にわたることから、学生の教育・指導方法、フォローアップの方法を十分確保していくことが必要です。

お問合せ先

高等教育局大学振興課大学改革推進室

(高等教育局大学振興課大学改革推進室)

-- 登録:平成21年以前 --