ここからサイトの主なメニューです

選定取組の概要及び選定理由(滋賀医科大学)

大学等名 滋賀医科大学 整理番号 25112
テーマ番号 5 テーマ名 人材交流による産学連携教育
取組名称 産学連携によるプライマリ・ケア医学教育
取組担当者名 三ッ浪 健一
(取組の概要)
 従来の医学教育により、高度で細分化した専門医が多数育成されてきた。これは医学の発展の上で高く評価できることであるが、一方で、自らの専門分野以外には対応できない、あるいは対応しようとしない医師が増加し、社会の不満や訴訟も増加している。このため近年では、一般医として幅広く全人的に診療できるプライマリ・ケア医を育成することが重要である、という認識が広がっている。
 この現代的医学教育ニーズに対応する本取組は、地域保健・医療を担う地域医師会と連携し、プライマリ・ケア医を教育担当者として日常的に、卒前および卒後の医学教育に組み込むことにより、プライマリ・ケアの卒前医学教育・卒後臨床研修、そして地域保健・医療を担うプライマリ・ケア医の生涯教育を充実させ、地域保健・医療レベル全体を向上させようとする体制の構築と教育プログラムの実践を展開しようとするものである。
(選定理由)
 プライマリ・ケア医学教育という社会的に求められる課題に対し、県医師会との連携のもと、診療所における卒前・卒後研修を実施するという目的に照らし、妥当な計画および必要な準備がなされていることは、十分評価できます。また、大学内での準備教育の充実についても評価できます。
 今後は、研修や学生指導の内容について深みのある取組が期待されるとともに、1人あたりの研修期間設定、診療所数の充実やコア・カリキュラムへの深化など大学教育システム全体として、プライマリ・ケアに資するような取組を進め、地域医療強化のモデルとしての取組が期待されます。

お問合せ先

高等教育局大学振興課大学改革推進室

(高等教育局大学振興課大学改革推進室)

-- 登録:平成21年以前 --