ここからサイトの主なメニューです

選定取組の概要及び選定理由(東京医科歯科大学)

大学等名 東京医科歯科大学 整理番号 13112
テーマ番号 3 テーマ名 仕事で英語が使える日本人の育成
取組名称 国際的医療人育成のための先駆的教育体系
取組担当者名 小池 盛雄
(取組の概要)
 本学は医療系総合大学として、国際性を備えた医療人の育成を目標に掲げている。この目標の実現のためハーバード大学医学部での臨床実習を含む海外教育機関との協力を通じ、バイリンガルでの医学教育を行う。医学英語教育に着手する医系大学は散見されるが、正規プログラム内で米国一流大学での臨床実習を実現させている施設は他にない。また、医学英語科目を第1学年から第4学年まで継続的に展開する医系大学も他に類をみない。
 具体的な方針は下記のとおりである。

【ハーバード大学医学部での臨床実習の充実】
【海外での学生の研究・研修の機会の拡大】
【海外臨床実習・研修・研究を支援する英語学習プログラムの体系化】

 本学ですでに既定の方針として取り込んでいる上記3点を、さらに推進することによって、本学の医学教育全体の国際水準化を進め、21世紀の医療と生命科学をリードするグローバルな医療人の育成を目指す。
(選定理由)
 医科及び歯科の大学は、大学の基本的活動である研究、教育、社会還元が一体となっている最も分かりやすい存在のひとつです。従来、我が国の大学は社会還元の意識が希薄でしたが、東京医科歯科大学は臨床技術の向上、しかも英語教育と臨床教育を結びつけ、国際競争力のある臨床技術を学生に身につけさせ医療技術による社会還元の向上を目指しています。
 既にハーバード大学医学部と協同で医学生の臨床訓練を開始していますが、今回本プログラムにより訓練をさらに組織的に行うことになります。英語力不足の学生に対する方策、医学英語の幅と深さに対しての今後の検討が課題ですが、現代的ニーズを捉えた取組であり選定に値します。

お問合せ先

高等教育局大学振興課大学改革推進室

(高等教育局大学振興課大学改革推進室)

-- 登録:平成21年以前 --