ここからサイトの主なメニューです

選定取組の概要及び選定理由(山形大学)

大学等名 山形大学 整理番号 6111
テーマ番号 1 テーマ名 地域活性化への貢献
取組名称 生涯医学教育拠点形成プログラム-包括的地域医療支援機構創設-
取組担当者名 嘉山 孝正
(取組の概要)
 「生涯医学教育拠点形成プログラム-包括的地域医療支援機構創設-」は、山形大学医学部、地域医療を担う地域中核病院および行政(県)の密接な連携によって、医師の教育ニーズに応じた専門・生涯教育プログラムを提供する教育拠点を形成するものである。現在の地域医療に於ける医師不足は、医師絶対数の不足ではなく、若い医師が、地方に定着しないための医師偏在に原因がある。医師が地方に定着しない理由としては、(1)専門医研修の機会が少ない、(2)医師不足による精神的、肉体的な負担、(3)経験できる症例、疾患が少ない、(4)子供の教育など生活上の不安が考えられる。本取組は、研修医及び地域の勤務医の教育ニーズを汲み上げ、それに応じた専門・生涯教育支援を行うことで、医師の定着率向上を計り、医師の偏在の解消も含めた地域の医療環境の充実、医療レベルの向上、地域住民の健康増進を通して地域社会の活性化を目指すものである。
(選定理由)
 この取組は、山形県下の医師の定着率の向上を目指したものです。蔵王協議会を中心に山形大学医学部と山形大学関連病院会が協力して専門性を持った医師の生涯教育の充実を通じて、医師の確保と地域医療の活性化を図ろうとしています。
 この取組では、医師偏在の原因を分析し、医師のリカレント教育が地方での医師の定着や医療環境の充実、医療レベルの向上に結びつくものとしており、ユニークな着眼点をもっていると評価できます。
 しかし、学部学生の医学教育との一貫性が示されておらず、また、この取組のみで医師の定着率がどの程度上がるかは未知の部分も多い等の課題も見受けられます。今後、一層の取組の改良を期待するものです。

お問合せ先

高等教育局大学振興課大学改革推進室

(高等教育局大学振興課大学改革推進室)

-- 登録:平成21年以前 --