ここからサイトの主なメニューです

選定取組の概要及び選定理由(北見工業大学)

大学等名 北見工業大学 整理番号 1117
テーマ番号 1 テーマ名 地域活性化への貢献
取組名称 ITによる地域活性化教育支援システム(副題:e-学生・技術者・市民とのまちづくり支援プログラム)
取組担当者名 高橋 信夫
(取組の概要)
 本学は、地域貢献に努力している大学として高い評価を得ているが、そのことは地域との連携を進めるために設立されている研究会等が活発に活動していることも考慮されたと考えている。また、本年度包括連携を結んだ北海道中小企業家同友会オホーツク支部(会員企業約220社)は、情報機器を使った技術者教育に大きな期待を寄せている。今回の申請は、統合型U(Ubiquitous)・ラーニングシステムを活用し、習熟度に応じた学習システムの開発を行い、本学学生及び地域技術者の資格試験講習・技能向上を図る実践的な教育支援のシステムの構築を目指している。
 また、このシステムは生涯教育システムとしても活用でき、広く地域社会の情報リテラシー教育を推進するが、それらのコンテンツ開発、ならびに受講者の教育支援などに本学学生も積極的に携わることになる。従って、学生の地域への密着度が深まると共に地域の企業への就職の可能性も拡大する。
(選定理由)
 この取組は、大学の「人を育て、科学技術を広め、地域に輝き、未来を築く」理念のもとで、実践的問題解決力を有する技術者育成を進めている流れに沿うものです。特に、開発済のe-ラーニングシステムをさらに統合型に機能アップし、学生および地域の技術者の資格試験講習・技能向上に活用することは、学生教育とあわせて大学資産を地域にも生かすことになり、地域の技術力向上に資することが期待されます。また、生きがい創生支援プログラムでは、学生の支援が不可欠とされており、ボランティア精神の高揚など学生の社会的教育にも寄与するものと考えられます。
 北見市の北見地域産学官連携推進協議会を母体とする北見地域での活動ではありますが、普遍的内容を持つものであり、他大学にも参考となるものと期待されます。評価体制としても同協議会を中心に組織化される予定であり、大学の一層の地域貢献が進捗するものと想定されます。

お問合せ先

高等教育局大学振興課大学改革推進室

(高等教育局大学振興課大学改革推進室)

-- 登録:平成21年以前 --