ここからサイトの主なメニューです

平成19年度 「新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム」選定プログラムの概要及び選定理由(TKUベーシックプログラム)

大学・短大・高専名 東京経済大学
プログラムの名称 TKUベーシックプログラム
‐学生・教職員の協働による体系的「TKUベーシック力(10のちから)」の修得‐
プログラム担当者 堺 憲一
(プログラムの概要)  本学は、2007年度より、これまで行ってきた正課・課外の各種学生支援をより体系的に充実させると同時に、建学の理念の具現化と社会的要請の強い「社会人基礎力の育成」を目指して、「TKUベーシックプログラム」をスタートさせた。そのため、すべての学部学生が身につけてほしい「10の力」を「TKUベーシック力」と定め、「○○(丸丸)ができるようになる」という身近な目標を提示し、修得の具体的なガイドとなる「TKUベーシック力ブック」を作成した。さらに「TKUベーシック力」の修得支援を行い、入学から卒業まで総合的にサポートする「学習センター」を新たに設け、個別相談や独自講座・イベントを行う。「学習センター」の企画・運営は、「教員運営委員」、入学から卒業までに関わるすべての学生支援部署から選抜された「職員サポーター」、学生会をはじめとする学生諸団体代表による「学生サポーター」の三者の協働で行われる点が特長である。
(選定理由)  東京経済大学においては、学生支援に対する明確な理念や目標を持ち十分な効果が得られていると認められます。現在の取組も学生支援等担当副学長を置き、その指揮下に設置した「学生支援会議」を通じて体系づけられており、教員組織と事務組織が一体となった意思決定手順や実施体制が十分整っていると認められます。
 今回申請のあった「TKUベーシックプログラム」の取組は、単に「基礎学力」をつけさせるというものでなく、社会的ニーズに呼応する「社会人基礎力の育成」を目指し、入学してくる学生に対して「建学の精神」を十分に教育することによる「アイデンティティーの確立」を根底に置いた上にプログラムが策定されていることに優れた意義が認められます。また、新たに開設される「学習センター」は、学生・教職員が協働して企画・運営を行うという学生参加型であることも評価できます。
 現在の学生支援の取組を発展させる形で、新たな取組が立案されており、これを実施することにより十分な効果の拡大が期待され、他の大学等の参考となる優れた取組であると言えます。

お問合せ先

高等教育局学生支援課

-- 登録:平成21年以前 --