ここからサイトの主なメニューです

「基礎・臨床を両輪とした医学教育改革によるグローバルな医師養成」の申請状況

本年度から開始する「基礎・臨床を両輪とした医学教育改革によるグローバルな医師養成」事業について、4月20日から5月16日までの間、各国公私立大学から申請を受け付けた結果、別紙のとおり、61大学から合計94件の医学(歯学)教育改革のための事業計画が申請されました。 

1.事業の背景・目的

 近年、基礎医学研究を担う医師の減少や、医学生の診療参加型臨床実習の更なる充実の必要性、医学・歯学教育の質保証を担保する仕組みの必要性が指摘されています。
 そこで、本事業では「2.事業概要・申請状況」に記載の(A)~(C)のテーマについて、大学の優れた取組を選定し、支援することにより、質の高い優れた医師・歯科医師養成に取り組みます。

2.事業概要・申請状況(詳細は別紙のとおり)

(A)医学・医療の高度化の基盤を担う基礎研究医の養成

事業概要

補助金基準額

選定件数

申請件数

医学部及び医学系大学院において、魅力ある基礎研究医養成プログラムを構築する優れた取組を支援

1件につき
2,000万円程度/年

10件程度

39件

(B)グローバルな医学教育認証に対応した診療参加型臨床実習の充実

事業概要

補助金基準額

選定件数

申請件数

医学生の診療参加型臨床実習の更なる充実を行う優れた取組を支援

1件につき
1,060万円程度/年

10件程度

49件

(C)医学・歯学教育認証制度等の実施

事業概要

区分

補助金基準額

選定件数

申請件数

日本における国際標準の医学・歯学教育認証制度等の基盤を構築するための優れた取組を支援

医学

3,600万円程度/年

2件
(医学1件、歯学1件)

6件
 (医学1件、歯学5件)

歯学

1,800万円程度/年

3.今後のスケジュール

 今後、専門家・有識者により構成された「基礎・臨床を両輪とした医学教育改革によるグローバルな医師養成推進委員会」で審査を行い、7月上旬に選定結果を公表する予定です。

お問合せ先

高等教育局医学教育課

課長補佐:岩瀬鎮男

医学教育係長:菊池博之
電話番号:03-6734-3306

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成25年04月 --