ここからサイトの主なメニューです

「課題解決型高度医療人材養成プログラム(平成30年度選定)」の選定結果

本年度から開始する「課題解決型高度医療人材養成プログラム」について、7件の事業の選定を決定しました。

1.事業の背景・目的

 本プログラムは、医療現場等で課題となっている事柄に貢献できる人材の養成を公募テーマに設定し、これについて大学が新たに取組を開始することで、全国の大学・大学病院における人材養成機能を一層強化し、我が国が抱える医療現場の諸課題等に対して、科学的根拠に基づいた医療を提供できる優れた医療人材を養成することを目的として、平成26年度より実施しておりますが、今般、新たに「精神関連領域」と「医療チームによる災害支援領域」の2テーマを設定し、下記のとおり公募の上で支援を行うこととしました。

2.審査状況

 平成30年4月18日付けで医学部・歯学部を置く各国公私立大学長宛に公募を行い、2テーマで合計35件の申請を受け付けた後、「課題解決型高度医療人材養成推進委員会」における審査を踏まえ、このたび、別添1のとおり7件の事業を選定しました。

3.その他

 課題解決型高度医療人材養成推進委員会(委員長:大島 伸一(国立研究開発法人国立長寿医療研究センター名誉総長))から、今回の選定について別添2のとおり所見が述べられました。

お問合せ先

高等教育局医学教育課 

大学病院支援室病院第二係
電話番号:電話番号:03-5253-4111(代表)(内線2578)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成30年09月 --