ここからサイトの主なメニューです

平成16年度「21世紀COEプログラム」審査結果について

平成16年7月
21世紀COEプログラム委員会


 21世紀COEプログラムは、「大学の構造改革の方針」(平成13年6月)に基づき、平成14年度から文部科学省に新規事業として措置された「研究拠点形成費補助金」により開始されたものである。

 このプログラムは、我が国の大学に世界最高水準の研究教育拠点を学問分野毎に形成し、研究水準の向上と世界をリードする創造的な人材育成を図るため、重点的な支援を行い、もって、国際競争力のある個性輝く大学づくりを推進することを目的としている。

 研究拠点形成費補助金は、この学問分野別の評価に基づき、主として研究面においてポテンシャルの高い専攻等が世界最高水準の研究教育拠点を形成するために必要とする経費を専攻等の研究者からなる研究グループに対して補助を行うもので、
  1  当該分野における研究上、優れた成果を挙げ、将来の発展性もあり、高度な研究能力を有する人材育成機能を持つ研究教育拠点の形成が期待できるもの
  2  学長を中心としたマネジメント体制による指導力の下、個性的な将来計画と強い実行力により、世界的な研究教育拠点形成が期待できるもの
  3  特色ある学問分野の開拓を通じて創造的、画期的な成果が期待できるもの
  4  21世紀COEプログラムで行う事業が終了した後も、世界的な研究教育拠点としての継続的な研究教育活動が期待できるもの
に対し、重点的支援を行うものである。
 平成16年度は、大学全体の継続的な構造改革を図る上での本プログラムの重要性などに鑑み、革新的な学術分野の開拓を目指す研究教育拠点形成に範囲を限定して行う。

 平成16年度採択分に係る予算額は、平成16年度配分総額365億円のうち、平成14年度、平成15年度採択分を控除した31億円である。

 平成16年度の審査・選定については、3月に独立行政法人日本学術振興会において国公私立大学から、革新的な学術分野の開拓を目指す研究教育拠点形成に範囲を限定した公募に320件の申請を受付け、21世紀COEプログラム委員会(独立行政法人日本学術振興会を中心に、大学評価・学位授与機構、私立学校振興・共済事業団、大学基準協会の4機関により運営)において審査が行われ、7月21日の本委員会において審査結果(28件採択)をとりまとめたので公表する。




  平成16年度「21世紀COEプログラム」申請・採択状況一覧
  平成16年度「21世紀COEプログラム」採択状況
  「21世紀COEプログラム委員会」委員名簿
  「21世紀COEプログラム委員会」WG委員名簿
  「21世紀COEプログラム委員会」総合評価部会委員名簿
  「21世紀COEプログラム委員会」革新的な学術分野部会 委員名簿

(高等教育局大学振興課)

-- 登録:平成21年以前 --