ここからサイトの主なメニューです

第1回日中韓教育大臣会合


馳文部科学大臣の第1回日中韓教育大臣会合及び日韓の教育交流への貢献に対する大臣表彰授賞式への出席について


1月30日(土曜日)から31日(日曜日)まで、馳浩文部科学大臣は韓国を訪問し、今回初めて開催された日中韓教育大臣会合、及び昨年日韓国交正常化50周年を記念して創設した、日韓の教育交流への貢献に対する大臣表彰の第1回授賞式に出席しました。

日中韓教育大臣会合

馳文部科学大臣、イ・ジュンシク韓国副総理兼教育部長官及びエン・キジン中国教育部部長は、初等中等教育段階から高等教育段階までを通じて、児童・生徒・学生、そして教員の交流を増やすことが重要との認識で一致し、本会合の成果文書である「教育交流のためのソウル宣言」(下部リンク参照)には、キャンパス・アジアプログラムをはじめ、各種交流プログラムの充実化、また、日中韓学長会議の開催についても進める方向で、今後議論を深めることが盛り込まれました。さらに、本会合の定例化及び馳大臣から提案した来年の日本開催についても成果文書に盛り込まれました。


日中韓教育大臣会合         「教育交流のためのソウル宣言」署名式

(写真左:日中韓教育大臣会合、写真右:「教育交流のためのソウル宣言」署名式)

日韓の教育交流への貢献に対する大臣表彰授賞式

馳大臣とイ長官が共同で行った日韓の教育交流への貢献に対する大臣表彰では、以下の団体及び個人が表彰されました。
1.  互いの言語学習や日韓共同のダンス交流プロジェクトの支援を行ってきた「公益財団法人国際文化フォーラム」
2.  韓国への修学旅行を40年余継続し、韓国の高等学校と交流を深めてきた「九州産業大学付属九州高校」
3.  国公立大学で初の韓国研究センターを立ち上げ研究および学生交流に尽力してきた「九州大学韓国研究センター」
4.  中等教育段階における日本語教育及び教員養成に尽力してきたチョン・ギヨン釜山外国語大学校教授
5.  韓国日本語教育研究会全国会長を務め日本語及び日本文化の普及に貢献してきたシン・ソンギュンチョンソク高等学校教師
6.  富山県立滑川高校(前海洋高校)と実習プログラムの共同実施など水産教育の交流に尽力してきたリュ・デソン 仁川海洋科学高等学校教師

エン・キジン中国教育部部長とのバイ会談 _____   エン・キジン中国教育部部長とのバイ会談

(写真左:日韓の教育交流への貢献に対する大臣表彰授賞式、写真右:エン・キジン中国教育部部長とのバイ会談)

今回の成果も踏まえながら、韓国、中国との教育分野での協力を一層深めることができるよう、両国との連携に積極的に取り組んでまいります。

お問合せ先

大臣官房国際課

電話番号:03-5253-4111(代表)、03-6734-2611(直通)

-- 登録:平成28年02月 --