ここからサイトの主なメニューです

OECD非公式教育大臣会合について

 文部科学省では、この度OECD(経済協力開発機構)との共催で、「高等教育の成果の評価」をテーマにOECD非公式教育大臣会合を開催いたしました。

1.概要

 OECDでは、加盟各国の教育政策・課題について教育大臣間の自由な意見交換の機会を提供するために、随時非公式大臣会合を開催しています。今回の会合では、過去50年間における高等教育の拡大、その費用の増加に伴い、多くの国において高等教育の質、社会との関連性、効率性に焦点があてられているという背景がある中で、社会が高等教育における成果として何を期待するか、評価を政策や実践にどう活かすか、高等教育の学習成果をどのように測定するかなどについて話し合い、高等教育の成果の評価に関する各国の取組を含め、意見交換を行いました。

2.日時

 平成20年1月11日(金曜日) 16時30分~21時
 平成20年1月12日(土曜日) 9時~17時30分

3.場所

 東京国際交流館(プラザ平成)、ホテル日航東京

4.主催

 文部科学省、OECD

5.テーマ

 「高等教育の成果の評価」

6.参考資料

お問合せ先

大臣官房国際課

-- 登録:平成21年以前 --