ここからサイトの主なメニューです

平成29年度英語教育改善のための英語力調査 事業報告

文部科学省では、全国の中学校3年生約6万人(国公立約600校)及び高等学校3年生約6万人(国公立約300校)を対象に、英語に関する4技能(「聞くこと」、「読むこと」、「話すこと」、「書くこと」)がバランスよく育成されているかという観点から、生徒の英語力や学習状況を把握・分析し,英語教育の成果と課題を検証しましたので、結果を発表いたします。

1.調査目的

「第2期教育振興基本計画」(平成25年6月:閣議決定)、「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」(平成25年12月:文部科学省発表)などにおいて、生徒の英語力の目標設定、検証を通じた改善を行うことについて提言がなされたことを受け、本調査を実施した。

2.調査対象

全国無作為抽出により、全国の中学校3年生約6万人(国公立約600校)及び高等学校3年生約6万人(国公立約300校)を対象に実施した。中学校は平成28年度との経年比較調査、高等学校は平成27年度との経年比較調査を実施した。

3.調査実施時期

平成29年6月下旬から7月の間で、調査対象校が希望する日程で実施した。

お問合せ先

外国語教育推進室

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成30年04月 --