ここからサイトの主なメニューです

学校において予防すべき感染症の解説

 学校は、児童生徒等が集団生活を営む場であり、感染症が発生した場合、大きな影響を及ぼすこととなる。感染症の流行を予防することは、教育の場・集団生活の場として望ましい学校環境を維持するとともに、児童生徒等が健康な状態で教育を受けるためにも重要である。
 これまでの学校における感染症対策は、平成11年に発行した「学校において予防すべき伝染病の解説」において示していたところであるが、この間の医療の進歩や、疾病の流行状況の変化等を踏まえ、今般、新たに、教職員や医療関係者を対象とした、感染症対策にかかる指導参考資料を作成した。
 本書中には、学校保健安全法施行規則改正(平成24年4月1日施行)の詳細についても記してある。
 各種感染症に対する学校の管理体制の構築や、医療機関等との連携の強化など、学校における感染症の発生予防とまん延防止を図るに当たり、本書が十分に活用されることを深く期待したい。 

1 学校保健安全法施行規則の一部改正の概要

  1 学校保健安全法施行規則の一部改正の趣旨

 2 改正内容

【参考情報1】 出席停止期間

【参考情報2】 出席停止期間の算定の考え方

 3 施行期日

 4 学校保健安全法関係条文

2 学校における感染症への対応

 1 感染症に関する基本的理解

 (1)感染経路

 (2)感染症予防の方法

 2 学校における感染症への対応

 (1)学校において予防すべき感染症の考え方

 (第一種、第二種、第三種の感染症)

 (2)出席停止と臨時休業

 (3)学校における児童生徒等の健康診断と感染症

 (4)就学時の健康診断と感染症

【参考情報3】感染症法における主な感染症

3 感染症各論

 1 第一種の感染症

【参考情報4】新型インフルエンザ

 2 第二種の感染症

【参考情報5】学校における麻しん対策

 3 第三種の感染症

 4 その他の感染症(第三種の感染症として扱う場合もある)

【参考情報6】学校において予防すべき感染症のQ&A

【別添1】学校保健安全法施行規則改正に関する報告書

【別添2】関係法令

お問合せ先

スポーツ・青少年局学校健康教育課

保健指導係
電話番号:03-5253-4111(内線2918)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(スポーツ・青少年局学校健康教育課)

-- 登録:平成25年05月 --