ここからサイトの主なメニューです

文部科学省首都直下地震対応業務継続計画について

 平成17年9月に中央防災会議が決定した「首都直下地震対策大綱」において、災害発生時においても政治、行政、経済の枢要部分を担う首都中枢機能の継続性確保が不可欠であることから、首都中枢機関は、事業継続計画を策定するとともに、その計画に定められた活動が災害時に的確に実行されるよう、定期的な訓練を行うことが求められました。
 これに従い、文部科学省においても平成20年6月に計画を策定し、以後適宜見直しを加え、平成30年10月には、平成30年10月16日より総合教育政策局及び文教施設企画・防災部の設置を主な内容とする文部科学省組織令の一部を改正する政令が施行されたことに伴い、「文部科学省首都直下地震対応業務継続計画」を改定しました。

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成21年以前 --