ここからサイトの主なメニューです

「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」に係るコンプライアンス教育用コンテンツ

 文部科学省では、各機関が公的研究費を適正に管理するために必要な事項を示すことを目的として、平成19年2月に「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」を策定・運用してきました。
 しかし、昨今、不正事案が社会問題として大きく取り上げられる事態となったことを受け、従前のガイドラインの記述の具体化・明確化を図り、平成26年2月に本ガイドラインを改正いたしました。
 この度、改正したガイドラインに定められている事項のうち、国として公的研究費の管理監査の観点から、各機関に共通する内容を取りまとめたコンテンツを制作いたしました。
 本コンテンツを各機関のコンプライアンス教育に活用するなどにより、研究費の管理・監査体制の構築に役立ててください。
 なお、本コンテンツは、ガイドラインの内容の主要な事項を全て網羅するため、研究者向けと管理者向けそれぞれ1時間程度で作成しています。
 したがって、各機関においては、構成員に特に周知を図る必要がある箇所や、各機関におけるコンプライアンス教育内容と重複する箇所などを考慮し、例えば、コンテンツの一部を省略し、特に必要と判断する箇所を活用(印刷用PDFの利用も含む)するなど、効果的に活用いただきますようお願いいたします。

管理者向け

<コンテンツの構成> 

 

 Section1 研究費制度の概要

 03分01秒~05分01秒

 Section2 ガイドラインの要請事項(1)~不正防止の取組~

 05分02秒~30分53秒

 Section3 不正の基礎知識と事例紹介等

 30分54秒~41分22秒

 Section4 ガイドラインの要請事項(2)~不正発覚後の対応~

 41分23秒~51分37秒

 Section5 ガイドラインに関する質問と回答

 51分38秒~55分15秒

研究者向け

<コンテンツの構成> 

 

 Section1 研究費制度の概要

 03分01秒~05分00秒

 Section2 ガイドラインの要請事項(1)~不正防止の取組~

 05分01秒~26分29秒

 Section3 不正の基礎知識と事例紹介等

 26分30秒~42分50秒

 Section4 ガイドラインの要請事項(2)~不正発覚後の対応~

 42分51秒~51分40秒

 Section5 ガイドラインに関する質問と回答

 51分41秒~54分32秒

(参考)競争的資金の不正な使用に関して返還命令及び応募制限措置等を行った事例

 各研究機関における不正防止対策の実施に当たっては、過去の不正事例も参考にしつつ、各機関におけるリスクを考慮した上で実施してください。

お問合せ先

研究振興局振興企画課

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成26年08月 --