ここからサイトの主なメニューです

宇宙開発利用

(2) SB型ロケット

第三章 日本の輸送系技術の発展2.N系ロケット

1.実施に至った経緯

 SB型ロケットは我が国最初の強化プラスチック製固体ロケットとして開発されたもので、この搭載機器をトランスポンダ・テレメータとして性能向上を図ったのがSB-Ⅱである。SB-Ⅲはさらにチャンバ緩降下装置を収納した中胴部を装備できるタイプである。

2.プロジェクトの目的と目標

 種子島上空60km程度までの気象(風向、風速、気温)を観測し、大型ロケット打上げ実験の際の資料を得ることを目的としている。

3.実施内容

【SB-ⅡA】

  • 1段式
  • 全長:2.778m
  • 最大径:0.157m
  • 到達高度:65km

【SB-Ⅲ】

  • 1段式
  • 全長:3.202m
  • 最大径:0.157m
  • 到達高度:70km

お問合せ先

研究開発局参事官(宇宙航空政策担当)付

(研究開発局参事官(宇宙航空政策担当)付)

-- 登録:平成23年02月 --