ここからサイトの主なメニューです

平成30年度オープンイノベーション機構の整備事業支援対象大学の決定について

 文部科学省の支援施策である平成30年度「オープンイノベーション機構の整備事業」に応募があった大学の提案の中から、外部有識者の審査を踏まえ、8件の採択を決定しましたのでお知らせします。

1.オープンイノベーション機構の整備事業について

(1)概要

 企業の事業戦略に深く関わる大型共同研究を推進するため、大学の経営トップによるリーダーシップの下で、プロフェッショナル人材による集中的マネジメント体制を構築し、部局を超えて優れた研究者チームの組織化を図る大学の取組を支援します(支援期間5年間、平成30年度は1大学あたり1.7億円程度)。
 これにより、「組織」対「組織」による本格的産学連携の実現を図り、ひいては2025年までに企業から大学等への投資を3倍増とすることを目指すものであります。

2.選定方法

(1)公募結果

 公募期間:平成30年4月3日(火曜日)~5月31日(木曜日)

 申請件数:19件

(2)審査・選定方法

 外部有識者により構成される「オープンイノベーション機構の整備事業ガバニングボード」及び「オープンイノベーション機構の整備事業ガバニングボード専門委員会」における審査を踏まえ、文部科学省において採択を行いました。


3.選定結果

平成30年度オープンイノベーション機構の整備事業支援対象大学一覧

<span style="font-size: 12pt;">平成30年度オープンイノベーション機構の整備事業支援対象大学一覧</span>

No.

大学名

 組織名称

研究分野例

1

東北大学

オープンイノベーション戦略機構

創薬

2

山形大学

オープンイノベーション機構

有機材料

3

東京大学

国際オープンイノベーション機構

医療機器

4

東京医科歯科大学

オープンイノベーション機構

創薬

5

名古屋大学

オープンイノベーション推進室

自動運転

6

京都大学

オープンイノベーション機構

半導体

7

慶應義塾大学

イノベーション推進本部

創薬

8

早稲田大学

研究社会実装拠点

情報通信



4.審査委員名簿

平成30年度オープンイノベーション機構の整備事業ガバニングボード

◎須藤 亮     株式会社東芝特別嘱託、産業競争力懇談会(COCN)専務理事・実行委員長

○橋本 和仁   国立研究開発法人物質・材料研究機構理事長

  江戸川 泰路  EY新日本有限責任監査法人パートナー公認会計士

 斉藤 剛     株式会社経営共創基盤パートナー取締役マネージングディレクター

 佐田 洋一郎  山口大学学長特命補佐、大学研究推進機構知的財産センター長

 高木 真人   公益社団法人日本工学会理事

 西村 訓弘   三重大学副学長(社会連携担当)、地域イノベーション学研究科教授

 前田 英作   東京電機大学知能創発研究所所長、システムデザイン工学部教授

 三島 良直   東京工業大学前学長・名誉教授

 村上 正紀   立命館大学学長特別補佐・理事補佐

 栁下 彰彦   弁護士法人内田・鮫島法律事務所パートナー弁護士・弁理士

 渡辺 裕司   ギガフォトン株式会社元会長

※◎印は委員長、○印はエグゼクティブ・マネージャー

平成30年度オープンイノベーション機構の整備事業ガバニングボード専門委員会委員

◎森田 育男  お茶の水女子大学理事/副学長

○川端 和重  新潟大学理事/副学長

 五日市 敦  株式会社東芝技術・生産統括部技術企画室室長附

 金澤 良弘  日本大学産官学連携知財センター副センター長

 北岡 侑子  日本ベンチャーキャピタル株式会社執行役員

 久保 浩三  奈良先端科学技術大学院大学研究推進機構産官学連携推進部門長・教授

 田中 克二  株式会社三菱ケミカルホールディングス先端技術・事業開発室技術戦略グループグループマネジャー

 田原 修一  技術研究組合光電子融合基盤技術研究所専務理事

 宮下 敬宏  株式会社国際電気通信基礎技術研究所・知能ロボティクス研究所ネットワークロボット研究室室長

 安永 謙    株式会社産業革新機構マネージングディレクター

※◎印は主査、○印は主査代理

お問合せ先

科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課 大学技術移転推進室

電話番号:03-5253-4111(内線4260・4261)
メールアドレス:kengijut@mext.go.jp

(科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課)

-- 登録:平成30年09月 --