ここからサイトの主なメニューです

北太平洋亜寒帯循環SAGEシンポジウムの開催について ‐大洋横断型観測によって明かされた中・深層の10年スケールの水塊変化‐[第229号]

‐第229号‐
平成14年3月25日

要旨

 文部科学省科学技術振興調整費「北太平洋亜寒帯循環と気候変動に関する国際共同研究」(SAGE:Subarctic Gyre Experiment)が5年間の研究期間を終了し、その成果を一般にも公表するため、SAGEシンポジウム(推進委員長 花輪公雄東北大学教授)を開催します。この中で、多くの亜寒帯循環に関する重要な成果が発表されますが、その中の一つに、大洋横断型観測によって中・深層の十年以上の時間スケールの水塊変化を明らかにした研究(研究代表 深澤理郎JAMSTEC主幹)があり、高く評価されています。

結果の概要

 1999年(P1)、2000年(P17N)に北太平洋横断型の精密観測(図1)を、みらい(JAMSTEC)、開洋丸(水産庁)、J.P.Tully(カナダ)を用いて行った。同観測線での精密観測は米国が1985年と1993年に行っており、この10年程前の精密観測結果と比較することによって、十年規模の中・深層の水塊変化を検出するとともに、その原因を調べた。
 [中層での変動] P1で1985年と1999年の差を取ると、高温化、低温化が交互に現れた(図2)。これは、観測前々年からの風の変化によるものであり(図4)、モデルでも再現することができた(図5)。また、同様の原因による低温化がP17Nでも観測された(図3)。
 [深層での変動] P1の海底上1000メートルで高温化が発見された。その規模は0.005℃と小さいが、深層ではこれまでに知られていなかった変化である。これは、南半球から北太平洋に流れ込む深層水のもっとも冷たい部分が、P1で減少したことによる。同様のことがP17Nについても見いだされ(図6)、精密観測が存在する北緯24度でも、南半球から深層水が流入する西太平洋で、高温化がみつかった(図7)。

結果の意義

 中層の変化は、風による湧昇の変化が現れたものであり、数年間持続する可能性がある。亜寒帯での湧昇は、深層の栄養塩を上層に供給するため、上層での生物活動にも影響を及ぼす。
 深層での変化は、「海水のコンベアベルト」に変化が生じていることを初めて検出したものであると同時に、その変化がこれまで信じられていたよりもかなり早く生じることをも示している。海洋の中での熱の分配は地球温暖化をはじめとする気候変動に大きく関与していることから、今後も同様の観測を通じて深層の水温変化をモニターしていく必要がある。

問い合わせ先
 研究開発局海洋地球課 松本良浩 電話: 03‐5253‐4146(直通)
 03‐5253‐4111(内7728)
 水産総合研究センター 東北区水産研究所 混合域海洋環境部
 伊藤進一 電話:022‐365‐9928

参考資料:シンポジウム 「北太平洋亜寒帯循環‐SAGEの成果‐」

日時:平成14年3月31日(日曜日) 9時30分~18時
場所:東京水産大学
主催:SAGE研究推進委員会  共催:日本海洋学会
コンビーナー:花輪公雄(東北大:SAGE推進委員長)、深澤理郎(JAMSTEC:SAGE研究代表者)
道田 豊(東大海洋研)、安田一郎(東大院理)、津田 敦(北水研)、永田 豊(日本水路協会MIRC)

プログラム

SAGE推進委員長挨拶 花輪公雄(東北大)
趣旨説明及びSAGE成果の概要 深澤理郎(JAMSTEC)

(1)北太平洋亜寒帯循環の構造(10時~12時15分) 座長:道田 豊(東大海洋研)

  • 10時~10時15分 SAGEの成果として得られた亜寒帯循環像
     道田 豊(東大海洋研)
  • 10時15分~10時35分 表層循環の構造とその季節変動
     寄高博行(水路部)・倉賀野連(気象研)・鈴木 亨(MIRC)・蒲地政文(気象研)・
     道田 豊(東大海洋研)
  • 10時35分~11時5分 亜表層・中層循環の構造
     渡辺朝生(東北水研)・須賀利雄(東北大)・深澤理郎(JAMSTEC)・淡路敏之・石川洋一
     (京大)・蒲地政文・倉賀野連(気象研)
  • 11時5分~11時25分 表層~中層の海洋構造の経年変動
     吉田 隆・杉本悟史(気象庁)・渡辺朝生(東北水研)・須賀利雄(東北大)
  • 11時25分~11時45分 化学トレーサー及びトレーサー実験からみた循環像
     渡辺 豊(北大)・羽角博康(東大CCSR)
  • 11時45分~12時5分 深層の海洋構造とその変化
     深澤理郎(JASMSTEC)・羽角博康(東大CCSR)

(2)NPIWの形成と輸送(13時20分~15時35分) 座長:安田一郎(東大院理系)

  • 13時20分~13時40分 SAGEにおける中層水研究の進展
     安田一郎(東大院理)
  • 13時40分~14時15分 起源水形成/オホーツク海太平洋海水交換と親潮への影響
     河野時廣(北海道東海大)・川崎康寛(北水研)・根田昌典(京大院理)
  • 14時15分~14時35分 黒潮続流を通した輸送と塩分極小形成
     広江 豊(中央水研)・安田一郎(東大院理)・渡辺朝生(東北水研)
  • 14時35分~14時55分 定線/衛星観測による変動観測
     伊藤進一(東北水研)・石川孝一(気象庁)・宮尾 孝(函館海気)
  • 14時55分~15時10分 中層フロートによる観測
     岩尾尊徳(気象研)
  • 15時10分~15時35分 モデリングによる中層循環
     石崎 廣(気象研)

(3)亜寒帯における炭素循環(15時50分~17時) 座長:津田 敦(北水研)

  • 15時50分~16時 SAGEにおける炭素循環研究の成果概要
     津田 敦(北水研)
  • 16時~16時25分 二酸化炭素交換係数の評価とフラックスのマッピング
     秋山正寿(東海大)
  • 16時25分~16時50分 亜寒帯域の生物ポンプによる炭素物質輸送
     齊藤宏明(東北水研)・服部 寛(北海道東海大)・津田 敦(北水研)

(4)データ管理(17時~17時20分) 座長:永田 豊(MIRC)

  • 17時~17時20分 北太平洋亜寒帯海域で得られた海洋データの品質管理上の問題
     小熊幸子・鈴木 亨・永田 豊(MIRC)

(5)総合討論 亜寒帯海洋研究の今後の課題-SAGEの成果を受けて- (17時20分~18時)

 座長:深澤理郎(JAMSTEC)
 コメント予定者:若土正暁(北大低温研)、石坂丞二(長崎大)、竹内謙介(地球観測フロンティア)

用語説明

(1)海水のコンベアベルト

 Gordon(1986)とBroecker(1987、1991)によって提唱された全球規模の海洋循環像。グリーンランド付近で沈み込んだ北大西洋深層水が南極海を経て、インド洋、太平洋に流れ込み、表層に湧昇し、表層の流れによって再びインドネシア多島海、アフリカ大陸南端を経て、大西洋高緯度まで戻る循環。

(2)湧昇

 風などが作る流れが上層で発散することにより、下層から水が供給され形成される上昇流。

お問合せ先

科学技術・学術政策局計画官付

(科学技術・学術政策局計画官付)

-- 登録:平成21年以前 --